人見知りで、初対面の人と接することが苦手で面倒に感じる…【名言】

Text by Yasuhiko Susaki & Staff K

2017.12.07

 

初めて会う人との会話が苦手‥緊張するし、面倒に感じてしまう。

 

そんな風に思ったとき、思い出していただきたい名言です。

 

 

人生とは出会いであり、その招待は二度と繰り返されることはない。

ー ハンス・カロッサ ー

 

 

Life is an encounter, the invitation never will be repeated again.

ー Hans Carossa ー

 

 

突然ですが、出会いを大切にしていますか?

 

もしかしたら、本日の言葉のように、今日出会った人はこれから先二度と会うことができない人かもしれません。

 

人が人と出会える数というのは上限が決まっているそうです。

 

80歳の寿命で一日一人、新しい人と接点を持つ計算ですと、人生で何らかの接点を持ち、出会う人は3万人。

 

その中で、近い関係になるのが3000人。

更にそのうち親しく会話を持つのが300人。

友人と呼べるのが30人。

親友と呼べるのが3人。

なのだそうです。

 

私は東京に出てきて、当然のことなのですが人混みの中で、こんなに人がいるのに自分を知っている人も、自分が知っている人も誰一人もいないと思うと寂しく感じることがあります。

 

こんなにたくさんの人がいる中、出会う確率ってすごいですよね。

でも、こんなに人がいるから、出会いを軽視してしまう‥ということもあるのかもしれませんが‥。

 

同じ時間に生きているけど、全ての人には出会うことはできません。

 

だとしたら、日々の出会いを大切にしていきたいと思いました。

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る