なぜ勉強をするのか?勉強の大切さがわからない…そんな方へ【名言】

Text by Yasuhiko Susaki & Staff K

2017.12.08

 

何のために勉強するのだろう?

 

そんな風に感じたとき見ていただきたい名言です。

 

 

学問とは、いかしに生きていくべきかを学ぶものだ。

 

ー 吉田松陰 ー

 

 

明治維新で活躍した志士を育てた、吉田松陰の妹にスポットを当てたドラマ「花燃ゆ」

その中で印象的だった言葉です。

 

===

人はなぜ学ぶのか。

お役に就くためでも与えられた役割を果たすためでもない。

かりそめの安泰に満足し身の程をわきまえこの無知で世間知らずで何の役にも立たぬ己のまま生きるなどごめんです!

なぜ学ぶのか?

この世の中のために己がすべき事を知るために学ぶのです!

===

 

私は子供の頃に、なぜ勉強しなければならないのか分かりませんでした。

 

何のために人は勉強をするのだろうと、考えたことがありました。

 

漠然と勉強をしなければならないと思っていた私にとって、明確な定義を与えてもらえた言葉です。

 

何に対してもただやるのではなくて、なぜ今それをするのか、そして自分はどう生きるのか?を改めて考えたいと思います。

 

あなた様はいかがでしょうか?

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る