「やってみないと分からない…」分かっていても行動に移せない【名言】

Text by Yasuhiko Susaki & Staff K

2018.01.23

 

一歩がどうしても踏み出せない‥

 

そんな風に感じるときに思い出していただきたい名言です。

 

 

やってみなはれ、なんでもやってみなわかりまへんで。

 

ー 鳥井信治郎 ー

 

 

サントリー創業者の鳥井信治郎氏の言葉です。

 

「やってみないと分からない」と、頭では分かっていても行動に移せないことってありますよね。

 

それでも何とか変わりたい、何かできないかと、誰かに話を聞いたり、本を読んでみたりします。

 

それは大事なことなのですが、そこで止まってしまい、行動に移すことができないでいることがあります。

 

この「やってみなはれ」は、鳥井信治郎氏の口癖だったそうですが、この言葉には下記のような意味があったのだそうです。

 

===

細心に細心をかさね、起こり得るいっさいの事態を想像しておけ。

しかし、さいごには踏み切れ。

賭けろ。

賭けるなら大きく賭けろ。

賭けたらひるむな。

徹底的に食い下がってはなすな。

===

 

もしも、一歩が踏み出せないときは、まだ準備や想定が不十分なのかもしれません。

 

「やってみなはれ」精神は、普段から準備しているからこそ、いざというときに活かすことができるということですね。

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る