「もし◯◯になったら…」と、先のことで不安を感じている時【名言】

Text by Yasuhiko Susaki & Staff K

2018.01.23

 

「先のことを心配しても仕方ない」とは言われるけれど…

 

そんな風に感じたとき見ていただきたい名言です。

 

 

およそ惨めなものは、将来のことを不安に思って、不幸にならない前に不幸になっている心です。

 

ー セネカ ー

 

 

先のことを考えて不安になることは、誰にでもあると思います。

 

ですが、まだ考えても仕方のない先のことで不安を感じたりしていませんか?

 

将来の為に、備えることは大切ですが、どうなるか分からないことを想像して不安になること自体不幸なことです。

 

どうして、まだ起きていないことに対して不安になるのでしょうか。

 

それは、もしかしたら「●●しなければならない」などという思い込みや決めつけ、また執着する思いからきているのかもしれません。

 

「●●するべき」「●●でなければ」などという思いは、自分も周りも気持ち的に追い込むことがあります。

 

そんなときには、力を抜いて「なるようになる」くらいの気持ちでいてもいいのではないかと思います。

 

大切な時間を不安な気持ちで過ごす時間はもったいないことです。

 

どうすればもっと自分が楽になれるのか、正面から向き合う時間を作ってみてはいかがでしょうか?

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る