朝パッと目が覚める方法

Text by Yasuhiko Susaki

2018.01.31

 

朝パッと目が覚める方法

 

以前シルバメソッドを受講した者です。

お世話になっております。

 

先生が仰っていた朝パッと目が覚める方法を試している中、自分のやり方に疑問を感じましたので、この度は質問させて頂きました。

 

自分が小学生の時、遠足の日には時間通りに目を覚ましていた感覚をなんとなく思い出し、そのようにしてから、いつでも起きれる状態になりつつあります。

 

しかしながら、深い睡眠になりません。

 

私が想像していたのは熟睡から、目が覚めるというものでしたが、これは上手くいっているのでしょうか?

 

なにも覚えていないような熟睡ではありませんがたしかにパッと起きれます。

昼間、眠い事もありません。

という事は成功でしょうか?

 

それとも、熟睡から目覚める方法もあるのでしょうか?

お願い致します。

 

今度、基礎コースの再受講を申し込もうと思っています。

その際は、よろしくお願いいたします。

 

30代 男性 作業療法士 石川県 今泉 昇さま

 

 

【須崎からのアドバイス】

 

 

◆うまくいっています!

 

今泉さま、ご質問をありがとうございます。

おひさしぶりですね。

 

そして、毎朝「1分間集中力メルマガ」をお読みくださり、重ねてありがとうございます!

 

さて、いただいたご質問ですが、「形式」が大事なのではなく、「結果」が大事でございます。

 

●眠れている

●目覚めも良い

●昼間眠いこともない

だとしたら、それでいいと思います。

 

 

◆睡眠は心身の修復・調整タイム

 

ともうしますのも、睡眠は「心身の修復・調整タイム」という側面があります。

 

ですから、睡眠の質に問題があれば、心身に何か解決できずに残る課題が出来てくるはずです。

 

しかし、それは自覚できないということなので、まずは問題ないと考えて下さい。

 

僕は、逆に深く眠りすぎて、近所の火事も気がつかなかったという過去があります。

 

これはこれで何かあったときに逃げられないのでは…?と、気になるので、何か異変が起こったときにパッと目覚められる方が羨ましく思います。

 

お互い無い物ねだりで、でも結果的に上手くいっているならば、それで大丈夫だと思いますが、いかがでしょうか?

 

 

◆日中のリラックスはとても大事

 

そして、シルバメソッドのアルファ状態や、シータ状態に入るスキルがあれば、日中にリラックスできるから、疲れがたまらないということにつながります。

 

「身体の疲れがなければ大丈夫!」と思って、安心してください。

 

むしろ、問題ない状態で「何か問題があるのでは…」と考えることは、それが「自己暗示」となり、望まない結果に繋がる可能性がありますので、そんなことは考えない方がいいと思いますよ。

 

ということで、成功していますから、これからもその調子で、日々ご活躍ください♪

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る