誹謗中傷や嫉妬は無視して目の前の課題に没頭!

Text by Yasuhiko Susaki

2018.06.11

 

誹謗中傷や嫉妬は無視して目の前の課題に没頭!

 

==========

中傷誹謗に対する最善の返答、それは黙々と自己の義務を守ることである。

by ジョージ・ワシントン

==========

 

差別化だ!

オンリー・ワンだ!

と、独自路線を歩んでいたり、いわゆる通常業務なのに、

完成度を高く仕事をしていたりすると、

なにかと誹謗中傷を受けたりします。

 

逆に、仕事ができなかったり、サボったりしていても同じ様な目に合います。

 

なぜでしょう?

 

人は、自分と違うことをする人に対して、

賞賛の意を表することって、勇気がいる生き物なのです。

 

どちらかというと、恨み、ねたみをもって、

相手を叩いて上に行かせないようにして、

相対的に自分を高くしておく方が楽なんですね。

 

しかし!

 

『出来事には意味は無い。あなたが意味づけするまでは。』

という解釈の原理原則がありますし、

 

『物事にはグルリ360度異なる視点がある』

という視点の原則もありますから、同じことを見ていても、

立ち位置(視点)が変われば、意味づけも変わるのです。

 

ということは、あなたに誹謗中傷をしてくる輩はどんな方々か…

それは、真反対の位置から見ている方々なのです。

もしくは、あなたに成長されると困る方々なのです。

 

ということは、あなたの成長・進化には関係のない方々ですから、

意識する必要も無ければ、気遣う必要もありません。

 

かといって、実害もないのに攻撃したら、こちらの立場が悪くなりますから…

 

ベストな解決策は昨日もお話しした

『華麗にスルー(無視)』で、

 

『粛々と自分のやるべきことをこなす』

です。

 

むしろ、誹謗中傷を受けるようになったら、

『私も成長して、誹謗中傷を受けるほどに影響力がある様になったんだ…』

とご自身を褒めてください。

 

実績を残せる人は、他人の成果を賞賛します。

実績を残せない人は、叩いて成果を出させないようにするしかありません。

 

所詮小物!相手にしない方が吉です。

 

さて、「華麗にスルー」を実践して、

目の前の課題に没頭して実績を作る方向で賢く立ち回りますか?

それとも、感情優先で闘いを挑みますか?

 

どちらでもいいのですが、選んだ選択肢に応じた結果を得ることに成功するのです。

 

やった通りになるのです!

自分のやるべき事に意識を向けて乗り越えて行きましょうね♪

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る