「自分のせいだ」などと自分を責めてしまいそうになった時の【名言】

Text by Yasuhiko Susaki & Staff K

2018.07.05

 

自分の実力の無さに、あきれ果てて、イヤになる…

 

そんな風に思ったときに思い出していただきたい名言です。

 

 

せめて自分ぐらい自分を褒めて認めてあげないと自分が救われない。

自分の味方になれるのは自分だけ。

 

ー 三輪明宏 ー

 

 

誰かに否定されるよりも、自分で自分を否定する方がずっと悲しいことです。

 

なんであの時こうしなかったのだろう、もっと自分が○○だったら‥

などと、納得いかない、望ましくないこの状況を作ったのは自分が悪いからと、自分を責めてしまうことってありませんか?

 

私はつい最近、そう思うことがありました。

 

でもそんな風に考えた結果、自分にとっても、自分の周りにいる人にとっても決して良いことはありません。

 

何よりも、自分自身が救われることがありませんでした。

このような状況では、とても前向きになんてなれません。

 

ですが、それよりもこれまで自分がしてきたことを認めて、受け入れることで次に何をするべきかが分かるように‥といいますか、考えることができるようになりました。

 

そこで、初めて気持ちが随分と楽になるのを感じたんです。

 

本日の言葉にあるように、何があっても「自分の味方になる」ことで、きっと自分で自分を救うことがきっとできます。

 

===

せめて自分ぐらい自分を褒めて認めてあげないと自分が救われない。

自分の味方になれるのは自分だけ。

===

 

自分を責めてしまいそうになったとき思い出したい言葉です。

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る