自分にイヤなことが起こった時の立ち直り方がわからない方へ【名言】

Text by Yasuhiko Susaki & Staff K

2020.06.20

 

「自分にとって、イヤなこと」が起こったとき、悲しさ、悔しさ、怒りといった、様々な感情からなかなか抜け出せないことってありませんか?

そんなときに、見ていただきたい名言です。

 

 

私たちは、限りある失望を受け入れなければならない。

しかし無限なる希望を失ってはならない。

 

ー キング牧師 ー

 

 

生きていると、予期せぬことが起こることってありますよね。

それが自分にとって「良いこと(メリットを感じること)」もあれば、もちろん「悪いこと(メリットを感じないこと)」だって起こります。

 

私は今まで、たくさんの「悪いこと」を経験してきたのですが、その度に、「もういやだ…。何もしたくない…。」と、後ろ向きな考えばかりで、前に進むことを考えられなくなっていました。

 

同時に、「また同じことが起こるんじゃないか?」と前に進むことが、怖かったんですよね^^;

 

以前も書きましたが、「脳は考えたことを現実に反映させる臓器」です。

 

ですから、非建設的な考えが頭を支配している状態では、想像している結果につながる行動になってしまいがちです。

かといって、「落ち込んでいるときに、楽しい未来なんて想像出来ない!」という気持ちもわかります。実際、私もそう思っていましたから…^^;、

 

しかし、「落ち込んでいても、何も変わらない。」と今は思えるようになりました。

 

それならば、建設的なことを考えた方が断然、自分にとって得ですよね^^

 

「それでもあなたは、非建設的なことを考え続けますか?」と聞かれたら、昔の私なら、「だって、それ以外に何を考えますか?」とブツブツ言っていたと思いますが、いろいろ学ばせていただいたおかげで、今の私は、「いえ!建設的に考えます!」と自信を持って答えられる様になったのは、成長できているからなんだと勝手に考えております。

 

あなた様は、いかがですか?

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る