人にわかりやすく説明することが下手で苦手だ…そんな方への【名言】

Text by Yasuhiko Susaki & Staff K

2020.06.21

 

「あなたの説明はわかりにくい」と言われる…そんな時に思い出していただきたい名言がこちらです。

 

 

6歳の子供に説明できなければ、理解したとは言えない。

 

- アルバート・アインシュタイン -

 

 

よく、テレビで、難しい専門用語やカタカナ語を連発してお話になる方がいらっしゃいますが、私にはよく理解できないときがあります。(もちろん、これは自分の問題なのですが…)

 

でも、難しいことをわかりやすくお話し下さる方もいます。

 

実は私も趣味の話だったら、相手にわかりやすく伝えられるのですが、仕事の話は「君の説明はわかりにくい」とよく言われていたので、上手に伝えられなかったんだと思います。(笑)

 

これって、今回の名言と合わせて振り返ってみると、知識・経験の差が大きいと思うのです。

 

新しいことを知ったばかりの頃は、説明したいんだけれど、どういう言葉・表現を選択して説明したらいいのかわからなくて空回りする…。

数を重ねると瞬時に「その人に合った言葉」を選べる様になる。

 

ということは、慣れるしかないので、「失敗して元々!」の精神で、進みながら学んで調整していくのが一番ですね。

 

「できる様になってから…」と考えていたら、いつまでも同じままなので、私も進みながら成長していきたいと思います。

そして、ある程度できる様になったとしても、今回の名言を思い出し、「もっとわかりやすく説明できないだろうか?」と自問自答しながら、理解を深め、レベルアップしていきたいと思います。

 

伝わらない表現しか出来ないということは、十分に理解したとはいえないということなので^^

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る