親しい友人ではあるけれど少し我慢してるところがある…方へ【名言】

Text by Yasuhiko Susaki & Staff K

2020.06.26

 

「親しい人だけど、なんだか苦手…」そんな相手が自分の周りにいる方に、ご覧いただきたい名言です。

 

 

清き川に清き水は流れる。

心が美しい人と付き合いたければ、

まず自分の心を磨くこと。

 

ー 美輪明宏 ー

 

 

人間ですから、苦手な相手とも接しなければならない事ってありますよね?

 

仕事上など、どうしても避けることのできない場合は、多少の我慢は必要かと思います。

 

しかし、その相手が、わりと親しい人や友達だったらどうでしょう?

 

楽しい時間を一緒に過ごすはずの友人に対して、苦手意識を持ちながら一緒にいて楽しい時間を過ごすことができますでしょうか?

 

例えば、人の悪口をよく言う人と一緒にいるのが苦痛だ…と思う方には、他はいい人なんだけれど、唯一の苦手ポイントが「人の陰口を言うこと」だとしましょう。

 

本当に、他の点は一切問題がないのだけれど、「陰口だけ…」という場合です。

 

そんなときは、話を合わせるのではなく、同意をしたりもせず、「ごめん、人の事、陰であれこれ言うの、好きじゃないんだ…。」など、自分の意見を伝えることが大事です。

 

もちろん、勇気のいることですし簡単ではない場合があるかもしれません。

 

でも、苦手な相手と、これからも無理をしながら付き合っていきたいですか?

 

自分が、嫌な思いをし、悩むくらいなら、「他の人とは陰口言っててもいいから、私といるときは遠慮して。」ときっぱり言うか、いっそのことその友人から離れることも選択肢の一つです。

 

そして、「そんな人が近づいてきた、もしくは、そうすることを許すスキ」を作った自分のことも見つめ直してみてください。

 

そんなことになるということは、自分にも少なからず改善すべき点があるものです。

 

自分の言動を見直して、あなたが好きな方々から「こんな人と仲良くなりたい!」と思われるような人に自分がなれたとき、自然とあなたの周りは、素敵な人であふれているのではないでしょうか?^^

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る