「チャンスを逃した」と、よく後悔する事がある…そんな方へ【名言】

Text by Yasuhiko Susaki & Staff K

2020.06.29

 

あぁ〜またチャンスを逃した…そんな風に感じたときに、ご覧いただきたい名言です。

 

 

好機は、それが去ってしまうまで気づかれないものだ。

 

ー ミゲル・デ・セルバンテス・サアベドラ ー 「ドンキホーテ」

 

 

「あのとき○○しとけば良かった!」と、後になってチャンスを逃した…と後悔してしまうことってありませんか?

 

私は、そんな風に感じることが多々あります^^;

そう感じるということは、私はその時、何も行動に移せていないということなんです。

 

チャンスだと確実にわかっていたなら、絶対に逃さないですよね。

 

この名言が言っているように、その瞬間はそれがチャンスかどうかなんて気付けず、後になって気付いてしまうんです。。。

 

それならば、目の前にやって来たことは、迷わずできる限りのことは試してみる価値があるのだと思います。

 

つまり、「これやってみたら?」と言われたら、「(損得を考えずに)やってみます!」
と反応してみようということです。

 

最初から、ダメだと決めつけることをやめ、「ダメで元々」という気持ちで様々なことに挑戦することで、思わぬチャンスが訪れるかもしれません^^

 

挑戦することで、チャンスを棒に振ることも減りそうですよね^^

 

チャンスは待っているものではなく、自分から掴みに行くものなんだと思います。

 

ですから私も、後から気付いて気を落とさないためにも、自ら進んでたくさんのことに、挑戦していきたいものです^^

あなたはチャンスを自分のものにするために、どんな行動を起こしますか?

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る