相手に「もっとこう変わってほしい…」と感じているあなたへ【名言】

Text by Yasuhiko Susaki & Staff K

2020.06.30

 

あの人が苦手、変わって欲しい…そんなふうに感じたときにご覧いただきたい名言です。

 

 

他人に要求することを先ず自分に要求せよ。

 

ー 武者小路実篤 ー

 

 

誰でも一人や二人苦手な人はいるのではないでしょうか?(私にも…)

 

「あの人の、ものの言い方が苦手」「あの人の、態度が苦手」などと苦手な相手には何らかの理由がありますよね。

 

そんなとき、「もっと、こうしてくれたらいいのに…」と相手に変わってほしいとついつい思ってしまうものです。

 

しかし、それって、よく考えてみれば、身勝手な話ですよね。

 

例えば話を自分が相手に与える印象について考えてみるならば、それは相手のとらえ方で変わってきます。

 

同様に、自分が苦手だと感じている人の言動も、その人にしてみれば、全く悪気はないのかもしれません。(あからさまな、悪意があるものは別としてですが…。)

 

そう考えると、どんなに良かれと思ってやっていても、そうは思われないこともあるということです。

 

ですから、自分が嫌だと感じたことを、まずは「相手の真意は何だろうか?」と考えるステップは大事だと思います。それと同時に、自分はちゃんとできているのだろうか?と、自分を見つめ直すことも大切なのではないでしょうか?

 

過去と他人は変えられません。

 

この名言にある様に、相手に直してもらうことを考える前に、「自分の感じ方は性格なのだろうか?他の解釈は無いだろうか?」「自分は出来ているのか?」と考えてみるのも大事ですね^^

 

当たり前ですが、自分ができていないことを、人に要求しても何の説得力もありませんし、納得してくれるわけがないですよね^^;

 

あなたは、集中力を発揮するべく、人間関係の悩みを減らすために、相手の苦手な部分から何を学びますか?

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る