「自分にはこれが限界…」と自分で限界を決めてしまってる方【名言】

Text by Yasuhiko Susaki & Staff K

2020.07.15

 

私にはこれが限界…そんなふうに感じたときにご覧いただきたい名言です。

 

 

貴方の進歩を妨げているのは、貴方が何であるかではなく、貴方が自分を何だと思っているかである。

 

ー デニス・ウェイトリ ー

 

 

「自分にしては上出来だ!」「自分にはこんなもんだろう…」と自分自身で自分の評価を低く設定していることってありませんか?

 

私の話ですが、20代前半の頃は友達と「自分はダメ人間だ!」と笑って話していたことがありました…。

 

何かに失敗しても「ダメ人間だし…」と軽く笑って諦めることもよくありました…。

 

今考えると、何に対しても通じる「逃げの言葉」でしかないですよね^^;

 

そんなことを繰り返していると、脳が「自分はダメ人間」と認識してしまい、何をやっても続かない本当のダメ人間になっていきました。

 

この名言が教えてくれているように、「自分をどんな人間と思っているか」で、モチベーションは変わり、未来の自分が変わるのではないでしょうか?

 

「自分はやれば出来る人間だ!」と思っている人と、以前の私のように「自分はダメ人間だ!」と思っている人では、行動が違うし、結果も違うことは一目瞭然ですよね^^;

 

ですから意識、目標は高く設定して、物事に挑戦することは大切なことです。

 

自分の評価を低く設定するのではなく、ある程度高く設定することで、理想に自分に近づき日々成長していけるのではないでしょうか?^^

 

あなたは、「自分は○○な人間だ!」の○○の部分にどんな言葉を当てはめますか?^^

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る