過去の経験に、今の自分が縛られてしまっている…そんな方へ【名言】

Text by Yasuhiko Susaki & Staff K

2020.07.15

 

過去の失敗が気になって落ち込んだり、逆に過去の成功に満足してしまって燃え尽きてしまい、今はやる気が出ない…という方に、ご覧いただきたい名言です。

 

 

人間を賢くし人間を偉大にするものは、過去の経験ではなく、未来に対する期待である。

なぜならば、期待をもつ人間は、何歳になっても勉強するからである。

 

ー ジョージ・バーナード・ショー ー

 

 

過去に失敗した経験で、新しく挑戦することに臆病になってしまっている方…

逆に、過去の成功に満足してしまっている方…

どちらの方も、未来ではなく過去に焦点が合い、縛られてしまっていますよね^^;

 

私はどちらかというと前者の、失敗が原因で臆病になってしまうことがあります。

 

現在のこの仕事は、私にとっては初めて取り組むタイプの仕事です。

 

そして、この仕事を始めて実感したことが、「難しい…できないかも…」と思いながら行動に移すと、本当にできなくなるということです。

 

この記事は、記事の最後に紹介しております「一分間メルマガの読者様からいただいたご質問やお悩み」に対して、その方が行き詰まった状態から抜け出すヒントになればと思って、この名言紹介をさせていただいております。

 

読者さまからご質問メールをいただく→お悩みを短くまとめる→そのお悩みに“効く”名言を探す→ご紹介文を書く

という流れですが、やはりいただいた内容によっては、私には難しく感じる時もあります。

 

そんなときに「難しい…」とちょっとでも思ってしまうと、とたんに頭が働かなくなることに気付くのです。でも、無意識に「難しい…」と思ってしまうわけですから、気付いたときには時既に遅しで、全く文章の流れが思いつかず、落ち込むこともあります^^

 

以前、「脳は考えたことを、現実に反映させる臓器だ」と書きましたが、本当にそうだと、身をもって理解しています。ですから、「できない」と思いながら行動するより、「できる!」と自信を持って行動する方が何倍も成功するということも、身をもって感じています^^

 

逆に、過去に失敗した経験を考えて行動してしまうと、上手くいくものも失敗してしまう可能性があります。

 

また、過去の成功に満足してしまっている方は、その過去の経験を未来に活かすことで、今よりもっと成長できる可能性が出てきますよね。

 

過去はあくまで過去だと気持ちを入れ替えて、「未来はこうでありたい!」と期待を持って行動することが成功への第一歩ですよね^^

あなたは過去の経験に、落ち込んだり、満足せず、「未来」に期待を持って行動できそうですか?^^

 

そういう私も、がんばりますっ!

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る