伝えたい事があっても、相手の反応が気になって言えない方へ【名言】

Text by Yasuhiko Susaki & Staff K

2020.07.17

 

「これ、言っていいのかな…?」そんな方に見ていただきたい名言です。

 

 

言いたいことは言う。

その時は心を込めて言う。

 

- 甲本ヒロト -

 

 

言いたいことをはっきり言うと、気まずくなったり、嫌われるかもしれない、などと考えて自分を抑えてしまうことはありませんか?

 

そのようなことが積み重なると心の中のモヤモヤが溜まりに溜まって、心身共に疲れてしまいます。

 

そして、人間関係が面倒になったり、しんどくなっていくこともあります。

 

言いたいことを言ってトラブルになるのが怖い、面倒だから言わない、という選択もあると思いますが、斎藤一人さんの言葉に

 

===

それ「道で人とぶつかるのが嫌だから、家にいる」と発想が同じだよ。

特に意見がない人や、どうしても言えないという人は無理して言わなくてもいいけれど、言いたいことがあるのだとしたら、言うのを我慢してて幸せですか?

===

というものがあります。

 

もちろん幸せではないはずです。

自分はもちろん、また相手にとっても言いたいことをいうことはとても大切です。

 

しかし、その時にやってはいけないのが、正論や理詰めで相手を追い詰めることです。

 

本日の言葉にあるように相手に対して心を込めて伝えたら想いは必ず伝わるはずです。

 

感情的になったり、言うことで自分が気持ちよくなっているようでは相手を想っているとはいえません。

 

言いたいことは、心を込めて伝えること、これは良好な人間関係を築き、保つためにとても大切なことです。

あなた様はいかがでしょうか?

言いたいこと、伝えたいことが伝えられず、辛い思いをしていませんか?

 

もしそのようなときには「心を込めて」相手に伝えてみてくださいね。

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る