自分にとって悪い習慣がなかなか改善できない…そんな方への【名言】

Text by Yasuhiko Susaki & Staff K

2020.08.27

 

自分にとって悪い習慣がなかなか改善できない…そんな時にご覧いただきたい名言です。

 

 

悪しき習慣が改められないとき、自分に対し否定的なイメージを抱くのはよくありません。

改められたときのプラスの要素のみを思い描きなさい。

 

ー ジョセフ・マーフィ ー

 

 

やめよう!と思っている悪しき習慣が、なかなか止められないことってありませんか?

私もいくつか思い当たります…。

 

これを止めようと頑張ってはいても、簡単にはいかないことがあります。

 

そんな時、うまくいかないからと自分を責めてしまうことがあり、落ち込んでしまうことも多々あります。

 

その中でも「何度やっても改善できない…自分は意志が弱い…」などといったことを考えたとき、自分はダメ人間だと感じてしまったりします。

 

そうすると、「どうせ自分は~」と常に考えてしまうようになり、諦め癖が付いてしまうような気がするんです。

 

この名言が教えてくれているように、改められたときのプラスの要素のみを思い描くことで、モチベーションも上がり「次こそは!!」と再度がんばり努力することができますよね^^

 

前回も書きましたが、諦めなければ失敗ではないのです。

 

再度、挑戦するためにもモチベーションが上がることを考えた方が断然良いですよね^^

 

あなたは、自分に負けずがんばれそうですか?^^

一緒にがんばりましょう!

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る