「どうせ無理…」そんな言葉が口癖になっている…そんな方へ【名言】

Text by Yasuhiko Susaki & Staff K

2020.08.31

 

どうせ無理…そんなことが口癖になってしまっている方にご覧いただきたい名言です。

 

 

何かを深く信じれば、誰でも自分の中に大きな力を見つけだし自分を乗り越えることができる。

 

ー 本田宗一郎 ー

 

 

何かに挑戦するとき、やる前から「無理だ…」「私にできるわけがない…」と諦めてしまう事ってありませんか?

 

私自身、「自分にはできる!」と自分を信じることができず、簡単に諦めてしまっていたことが結構あります。

 

そうならないためにも、自分を信じて、どうすれば目の前の状況を乗り越えることができるのかに、焦点を当てて考えることが大切です。

 

「できない」と思って取り組むより、「できるにはどうしたらいいだろうか?」と自問自答しながら取り組む方が、モチベーションもあがりますし、何より簡単に諦めることなく物事に取り組めると思うんです^^

 

上司が言っておりましたが、「自信とは、他人から与えられるものではなく、自分で作るものだ!では、自分の何を信じるのかというと、それは『一度始めたことは、デキるまで試行錯誤を繰り返して、途中で止めない人間だ』と自分を信じている状態なのです。」ということでした。

 

私は何かが起こったら恐いから、何も起こらない選択をしてきましたが、それを途中経過と解釈すれば、落ち込んだり立ち止まることもなくなりますよね。

 

この様に、自分を信じて取り組む事で、結果も大きく変わってくるのではないでしょうか。

 

「どうせ無理…」そんな風に思ったら、「では、無理で無くすためには何をしたらいいのだろう?」と自問自答して、気持ちの修整をしてみるのもいいかもしれませんね。

 

途中で諦めたりしなければ、時間内ならまだ大丈夫!という考え方が私は好きですが、あなたはいかがですか?^^

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る