もっと早く気付けば良かった…と後悔してしまうことがある方【名言】

Text by Yasuhiko Susaki & Staff K

2020.09.01

 

失って後悔してしまう…そんなふうに感じたときにご覧いただきたい名言です。

 

 

健康の感じは病気によってのみ得られる。

 

ー リヒテンベル(物理学者) ー

 

 

失う前に気付ければいいのですが、失って気付くこと、失った後で後悔することってありませんか?

 

私自身、失う前は「あって当たり前」だという気持ちがあり、失う事なんて考えもしないことがいくつかあります。

 

なんとなく解ってはいるのですが、「現時点で当たり前の様に自分の周りにあるもの」に、その存在のありがたさを感じる事って意識していないと難しいですよね。

 

物に限らず、自分の置かれている状況でも同じで、普段何気なく過ごしている環境に感謝をする事って、よく言われますが、実践出来ていますかと言われると、「はい!」と断言出来ない自分がいます。

 

この名言が教えてくれている様に、健康のありがたさは病気になってから気付くことがありますが、それが命にかかわることだったら後悔しても遅いですよね。

 

何でもそうですが、失ったあとに後悔するくらいなら、「そのうち…」や「また今度…」と先延ばしにするクセは直して、今できることは今すべきですよね^^

 

この名言で、「何事にも感謝」という、言い古された言葉を、改めて認識出来ました。

 

あなたは今あるものに感謝しつつ、後悔しない生き方を選べそうですか?^^

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る