周囲の意見が気になって、なかなか行動できない…あなたへ【名言】

Text by Yasuhiko Susaki & Staff K

2020.09.02

 

周囲の意見が気になって、なかなか行動できない…そんな時にご覧いただきたい名言です。

 

 

常識とは、18歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいう。

 

ー アルバート・アインシュタイン ー

 

 

何か新しい事をやろうとしたとき、周囲の意見が気になって、なかなか行動できない…そんなことがあるかもしれません。

 

そこで思い出しましょう!

●出来事に意味は無い、あなたが意味づけするまでは

●みんな違う視点で物事に意味づけしている

●視点と解釈は自由に変えられる

●他人は自分の人生の保証なんてしてくれない

●自分の視点・解釈以外のものを受け入れたくない

●他人に自分より上に行って欲しくない

こんな現実があります。

 

あなたを止めようとする言葉が、あなたを心配しての気持ちからならば、ありがたいのですが、そうではない場合…

===

それって、気にする必要ありますか?

===

みなさん、「ご自身の都合」や「常識」で声を掛けて下さいます。

 

しかし、あなた様の都合とは関係ありませんし、「常識」とて、アインシュタイン氏のおっしゃる通りです。

 

他人の目を気にすることなく、自分の行動に責任を持ちつつ、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

そして、うまく行けば行ったでしてやったり!ですし、逆にみんなの言う通りだったら、

===

あぁ、みんなの言う通りだったな…。

何を勘違いしていたんだろう?

何を思い上がっていたんだろう?

何をすべきだったのだろう?

何をしてはいけなかったのだろう?

===

と反省し、次回以降に活かせば良いのです。

 

人生はいつでもやり直せます。

そして人生は一度きり!

 

他人の「常識」に振り回されて、自分のやりたい事を諦めるとか、ためらうとか、もったいないと思いませんか?

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る