結果を出すために「今」何をやったら良いのかわからない方へ【名言】

Text by Yasuhiko Susaki & Staff K

2020.09.03

 

努力が報われない…同じことを繰り返している…と感じたときにご覧いただきたい名言です。

 

 

成果をあげる人の共通点は、行わなければいけない事を、しっかり行っているというだけである。

 

ー ピーター・ドラッカー ー

 

 

結果が欲しいけど、その道のりが長いな…と感じる事ってありませんか?

 

そんなときって、視点を変えて、「いついつまでに、この状態になる!そのために今なにをすべきか?」と「逆算」で考える事が大事だと上司に教わりました。

 

「私たちは今得ている結果に成功している」という言葉がありますが、道のりが長く感じたり、同じ状態が続く時って、結果につながらないことを繰り返していることが多いものです。

 

私は今の仕事をしていて、「(自分が)今やった方がいいと思うこと」と「望む結果につながる行動」が違うことを経験することがあります。

 

当たり前のことなのですが、「望む結果を出せていない自分」から出る発想は「望む結果につながらない行動」なんですよね。

 

そんなことから、自分が望む結果を出せていないときに「自分なりにやってみる」にこだわるのは危険だと感じる様になりました。

 

「行き詰まったら、望む結果を出している人に質問せよ」という言葉もあります。

 

●道のりが長いな…

●行き詰まった…

●努力が報われない…

●同じことを繰り返している…

と感じたら、周りの「望む結果を出している方」に相談し、今までの自分のやり方ではなかったとしても、そのやり方でやってみる方が、「自分のやり方」に固執するより望む結果につながるなと感じています^^

 

例え最初はしっくりこなかったとしてもです。

 

「私たちは今得ている結果を得ることに成功しています」ということは、今、望む結果が得られていなくても落ち込む必要はなく、自分の行動を変えればいいだけの話なんですよね。

 

他人や環境を変えようとするのではなく、自分を変えればいいだけですから、気持ちも楽で、前向きに取り組めそうです。

 

望む結果が得られるために行わなければいけない事を、できている人に教わって、しっかり行いたいものです^^

 

あなたは、望む結果を得るために「今」何をしなければいけませんか?^^

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る