「壁にぶち当たったとき、逃げてしまいがち…」そんなあなた【名言】

Text by Yasuhiko Susaki & Staff K

2020.09.04

 

壁にぶち当たったとき、逃げてしまいがち…そんな方にご覧いただきたい名言です。

 

 

ときには嵐のような逆境が、人を強くする。

 

ー 王貞治 ー

 

 

できることなら苦しいことや辛いこと、悲しいことは経験したくないな…ラクな道を選んでしまうことはありませんか?

 

昔の私は、自分の苦手なことは極力したくないと、ラクな道を選んでしまいがちでした。

 

しかし、それでは自分の苦手なことは克服できませんし、苦しいことを乗り越える強さは身に付きません。

 

自分にとって苦手なこと、辛いことを乗り越えたとき、その経験からたくさんのことを学び、自分自身を強くしてくれるのだと感じています。

 

この名言が教えてくれているように、壁にぶち当たって乗り越えたときこそ人間は成長し、強くなれます。

 

今後壁にぶち当たったときは、「何でこんな辛い思いをしなきゃいけないんだ…」と、ネガティブな思考になりがちですが、そんな時はこの名言を思い出し、「これは私を成長させる機会だ!」と解釈し、「これを乗り越えるにはどうしたらいいのか? 何がわかっていたらいいのか? だれならこれをラクラクと乗り越えられるか?」と解決思考で考え、「これを乗り越えた先の自分」を想像し、「できるまであの手この手で諦め悪く取り組み続け」、乗り越えていきたいですよね^^

 

あなたは、「逆境」をより強くなるチャンスだと思って頑張れそうですか?^^

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る