ずっと一緒にいると、その相手の苦手な部分ばかり目につく方【名言】

Text by Yasuhiko Susaki & Staff K

2020.09.09

 

相手の苦手な部分ばかりが目についてしまう…そんなふうに感じたときにご覧いただきたい名言です

 

 

山から遠ざかればますますその本当の姿を見ることができる。

友人にしてもこれと同じである。

 

ー アンデルセン ー

 

 

近くにいると、その大切さに気付けなかったと後悔してしまった事ってありませんか?

 

私には、仲のよかった友達がいましたが、些細なことがきっかけで疎遠になってしまった方がいます。

一緒にいたときには気付かなかったのですが、近くにいると見えないものが離れることで見えてくるものがあることを身をもって感じました。

 

相手の苦手な部分が気になったとき、近くにいるとその苦手な部分にしか焦点を合わさなくなり、結果的にその人の良い部分を見れなくなってしまうことがあります。

 

そうならないためにも、この名言が言っているように

【少し離れてその人の全体をみる様に意識する】ことってとても大事なことだと思うんです^^

 

そうすることで、近くにいたときには気付けなかった、その人の良いところが見えてくるはずです。

 

これは、友人に限らず親、恋人全ての人に共通して言えることですね^^

 

人間関係が崩れてしまってから後悔することがないように、相手の一部分ばかりを見るのではなく、その方の全体像を把握し、よいところに焦点を合わせて、すてきな人間関係を築きたいですね^^

 

あなたは、大切な人の良いところを見れていますか?

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る