自信が持てなくて、物事に集中できにくい…と感じている方へ

Text by Yasuhiko Susaki

2020.09.18

 

自信が持てなくて、物事に集中できにくい…と感じている方へ

 

自信がない…という方々の中に、「自分を責める傾向」がある方がいらっしゃいます。

「本を読んでも頭に入ってこないのは、頭が悪いからだ…」

「仕事でミスをするのは、自分に実力がないからだ…」

「人とうまく接することが出来ないのは、自分に魅力がないからだ…」

などです。

 

これらの思考パターンが習慣化する大きな原因の一つに、

===

親から認められることが少なかった

===

ことがあります。

 

かといって、今から親に甘えるわけにもいきません。

 

ですから、今から出来ることとして、自分が行ったことを、どんな小さなことでも結構ですから、褒めることです。

 

褒めるというと抵抗がある方は、「がんばったねっ♪」と認めることです。

 

「ベストな調子で無いのに、学ぼうとした自分はエライっ!次は、頭に入るコンディションで読書できるように、体調を整えよう!」

 

「現在の実力ではこの本を理解する実力がないと解った!次は、理解できる本を選んで、この本を理解できる実力を育てよう!」

 

「仕事のミスを通じて、自分の課題を発見できたっ!同じことを繰り返さない様に対策を立てよう!」

 

「今回は、取り返しのつかない事をしてしまった。今回は関係者にお詫びをし、きちんとリカバーの対応はした。仕事では褒められない様な結果だったが、敗戦処理はベストを尽くせた。同じことを繰り返さないよう再発防止策を考える必要があるが、逃げずに敗戦処理に取り組んだ自分は、よく頑張った!」

 

「初対面の人と話すのは苦手だけれど、途中で帰ったりせずに、知らない人の中で愛想笑いをしていた自分は、今日はよく頑張った!次回は、話し掛けやすい誰かに声をかけてみよう」

などと、自分の出来たことを認め、次回の課題を明確にしてみるのはオススメの方法の1つです。

 

過ぎたことと他人は変えられません。

 

出来ないことを悔やんだり、恨んだりするより、出来ることに焦点を合わせて、改善していく方が良いと思いませんか?

 

あなたが自信を持てて、物事に集中できる様になるように、ぜひ、あなたの

●出来たことを認め

●出来たことを褒め

●今後の課題を明確にする

を実践し、習慣化してみてください。

 

そして、もしあなたに子供がいて、その子供に自信を付けさせたかったら、一つ一つ認めてあげ、小さなことでも褒めてあげることが、お子さんの自信を育むのに大事だということを、覚えておいてください。

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る