ピンチの時に「打つ手がなくなった…」と感じている方へ

Text by Yasuhiko Susaki

2020.10.11

 

ピンチの時に「打つ手がなくなった…」と感じている方へ

 

<ピンチで行き詰まっている方へ>

 

ピンチの時に「何とかする」力はみんな持っています。

 

ただ、その力を発揮することを「邪魔する要素」が多いか少ないかだけです。

 

「何とかする」のは、アドバイザーが力を分け与えるのではなく、「ピンチのまっただ中にいる人」が自らの力で乗り越えるものです。

 

ですから、アドバイザー側が「何とかしてあげよう」と思うのはおごりですし、「ピンチのまっただ中にいる人」が全てをアドバイザーにゆだねようという姿勢も依存で言い状態ではありません。

 

<他人を頼っていいんです!>

 

しかし、「ピンチのまっただ中にいる人」がアドバイザーからヒントをもらって邪魔を減らして、自力で乗り越えやすくするために環境を整備することは、時には必要です。

 

悩み・迷い。焦っている状態では、必ずしもいいアイディアが湧くとは限りません。

 

そんなときに他人の助けを借りることは、敗北ではなく、戦い続けるための意思表示です。

 

ですから、「自分では手を尽くしたつもり…」「何をしたらいいのかわからない…」という状態になったら、すかさずヒントをもらいに行くという姿勢は、問題解決において極めて重要です。

 

人は独りでは生きられません。

 

人生で行き詰まったら、人に相談するという選択肢を思い出してください。

 

そして、気持ちがスッキリし、前に進む心の準備が出来たら、また目の前のことに集中して取り組みましょう!

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る