何をやってもうまくいかないかも…と疑心暗鬼になっている方【名言】

Text by Yasuhiko Susaki & Staff K

2020.10.11

 

何をやってもうまくいかない…そう思いはじめると何もできなくなってしまう…そんなふうに感じたときにご覧いただきたい名言です。

 

 

不幸な人の共通の過ちは、わが身に幸せが訪れることを、決して信じたがらないことである。

 

ー セネカ ー

 

 

「自分は不幸だ…」と感じている時って、「何をしてもうまくいかないのではないか?」と自分自身に対して疑心暗鬼になってしまいがちになりませんか?

 

私も悪いことが立て続けに起こったとき「何をしてもいいことは起こらない」と思い込んでいた時期があります。

 

そう思っていると、何をするにも不安が先に立ってしまい、行動することをためらってしまい、結果、幸せを掴むチャンスを逃していた気がします。

 

また「自分に幸せなんて訪れない」と思ったりすると、目の前の小さな幸せを感じる余裕もなくなってしまい、余計に不幸せだと思う事が多くなるように感じます。

 

そして、今の仕事で「脳は考えたことを現実に反映させる臓器」だと教わり、「なるほど!なる様になっていたのだな…」と納得しました。

 

当たり前ですが、「どんな気持ちで行動するか?」は大切ですよね。

 

ですから「自分はできる!」「自分は幸せなんだ!」という心持ちでいれば、例え思うような結果が出なくても、「次こそは!」「次はこうしてみよう!」と、前向きに物事を捉えることができ、幸せを掴むチャンスが増えるのだと思います。

 

ですから、最初から自分の幸せを諦めてしまっていては、幸せを掴む事なんてできませんよね。

 

あなたは、斜に構えて生きたりせずに、自分を信じて幸せを見逃さずに掴めそうですか?^^

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る