言葉が変わると世界が変わる

Text by Yasuhiko Susaki

2020.10.31

 

言葉が変わると世界が変わる

 

脳は考えたことを現実に反映させる臓器です。

思考パターンには、言語が影響します。

 

ですから、「普段」「どのような言葉を遣っているか」で、「その人が普段得る結果」が変わります。

 

うちの小学生の長男は「うざい」という言葉をまだ知らないので、「うざい」と思う事はありません。

「めんどくさい」という妥協の言葉を知らなければ、途中で諦めることもありません。

 

「無理だ」という言葉を知らなければ、無理なことなど何もなくなります。

 

自分の身に何かが起こったとしても、「めんどくさい」と思うか、「これは、自己成長のためのチャレンジだ!」と思うかで、心の重荷になることもあれば心の支えになることもあります。

 

ですから、あなたさまの頭をどの様な言葉で満たすかで、希望に満ちた世界に生きられるか、絶望の淵を歩み続ける世界に生きるかが決まってくるという考え方も出来ます。

 

しかし、うちの小学生の長男と違って、私たちはもうすでにネガティブな言葉を知っていますし、使ってきました…。

 

ですから、無意識に生活していれば、無意識にその言葉を遣い、その言葉の影響を受けてしまいます。

 

無意識には、意識的に対処するのが鉄則です。

 

面倒だと思ったら、むりやりにでも、「ラッキー!これでまたレベルアップできる!」などと、意識的に軌道修正します。

 

ぜひ、意識的に取り組んでみてください!

世界観も、気持ちも、大きく変わるはずです。

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る