試行錯誤しながら物事に取り組む事が苦手だ…そんなあなたへ【名言】

Text by Yasuhiko Susaki & Staff K

2020.11.07

 

失敗するくらいならやらなければよかった…そんな風に感じたときにご覧いただきたい名言です。

 

 

恐れてはいけません。

暗いものをじっと見つめて、その中から、あなたの参考になるものをおつかみなさい。

 

ー 夏目漱石 ー

 

 

失敗が続くと、再チャレンジすることが怖くなってしまう事ってありませんか?

 

私は、困難や障害が起こったり、失敗をしてしまったときも、「失敗するくらいなら最初からやらなきゃよかった…」などと行動を起こしたことに対して後悔し、落ち込むことがよくありました。

 

しかし、失敗が怖いからと行動しなければ何も得ることはできません。

 

自分にとって、目標があるのなら失敗したとしても、この名言が教えてくれているように、失敗から「なぜ失敗したのか?」と原因を探し、次に「どうすれば目標に近付けるか?」と試行錯誤しながら目標に向かって物事に取り組む姿勢は大事ですよね^^

 

仮に失敗したとしても、それで「ダメだ…」と諦めるのではなく、結果に繋がる反省をして、方向性の見直しをして再チャレンジを繰り返し、欲しい結果につながるまで時間の許す限り試行錯誤を繰り返せばいいのです!

 

目標を持って物事に取り組めば失敗は途中経過に過ぎません^^

 

私も、「最初からやらなければ良かった…」ではなく、「行動したからこそ、失敗した原因がわかった!」と前向きに物事を捉えられるように日々前を向いて頑張りたいと思います。

 

あなたは、気持ちの切替をして前向きに物事に取り組めそうですか?^^

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る