勢いに任せてつい発した言葉に後悔する事がある…あなたへ【名言】

Text by Yasuhiko Susaki & Staff K

2020.11.07

 

「何であんなことを言ってしまったんだろう…」と自分の発した言葉に後悔している…そんなときにご覧いただきたい名言です。

 

 

暴力には腕力と言葉の暴力もあります。

そして、そのどちらも人の心を傷つけます。

そして、その傷はいつか自分の傷となる時がある。

 

ー 金八先生「3年B組金八先生」 ー

 

 

他人にかけられた言葉で、凄く嬉しかったこと、すごく悲しかったこと、どちらも記憶に残って忘れられないことってありませんか?

 

良い意味でも悪い意味でも言葉には大きな力があり、その時の感情にまかせて勢いで言ってしまった「ひどい言葉」は相手を傷つけ、お互いの記憶に深く刻まれます。

 

その結果、人間関係を崩してしまうことになりかねません。

 

それくらい言葉には大きな力があり使い方を間違うと、後悔しても取り返しのつかない事になってしまうことがあります。

 

「あの時、何であんな事言ってしまったんだろう…」と後々後悔しても遅く、一度発した言葉は取り消すことができません。

 

ですから、普段何気なく使う言葉を大切にし、自分が発する言葉を意識して、感情に流されて勢いで言ってしまった…などということがない様に、お互いに気持ちの良い言葉を意識して使いたいと改めて感じました。

 

あなたは、自分の言葉に責任を持って行動できそうですか?^^

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る