相手の言動にイライラして反論せずにはいられない…そんな時【名言】

Text by Yasuhiko Susaki & Staff K

2020.11.28

 

相手の言動にイライラした時、反論せずにはいられない…そんな方にご覧いただきたい名言です。

 

 

嫌な思いをすると、やり返したくなるもの。

優しさで帳消しにすれば、自分が気持ちいい。

 

- 美輪明宏 -

 

 

この名言が言っているように、「嫌な思いをするとやりかえしたくなる」と少しでも感じた事のある方は多いのではないでしょうか?

 

私も実際、何かをやり返すことはないにしろ、イライラが収まらず相手に対して無意識に嫌な態度を取ってしまうなんてことがあります。

そんな態度を取ってしまった後は相手はもちろん、自分自身も良い気持ちはしないですよね。

 

この名言の後半部分の「優しさで帳消しにすれば、自分が気持ちいい。」の優しさで帳消しにするというのは、嫌な思いをしたとしても優しさを相手に返すという意味でしょうか?

 

もしそうだとしたら、優しさを返せる自信がありません…先生の意見を教えてください!

 

 

【須崎】まず、返せるならば返したらいいし、返せないなら返さなくていいと思います。

 

 

【K】ですよね?

 

 

【須崎】これは、自分にゆとりがある場合、例えば三歳児に「すさきのばーか!」と言われたら「教えてくれてありがとうっ♪」と返せますよね?

 

 

【K】はい。

 

 

【須崎】で、僕は同業者(ライバル)からいろいろ言われても、「貴重なご意見、ありがとうございます。」と返せるんです。

 

 

【K】私難しいです(笑)。

 

 

【須崎】でも、話の合う人が二割くらいしかいないと思ったら、あとの八割は合わなくてもいいやって思えません?

 

 

【K】できれば合わせたいような気もするのですが…。

 

 

【須崎】では、Kさんの周りにいる男性全員と、順番に二人で手をつないで街を歩けますか?

 

 

【K】無理…(笑) いやっ!むずかしいです(笑)

 

 

【須崎】ですよね?よかった(笑)

 

 

【K】でも、事務的に対応することは全員とできます!

 

 

【須崎】そうそう!それでいいんです。この名言では、「イライラしても、私の人生に関係ない人が何を言ってこようと、してこようと、どうでもいいから、一番相手がガッカリする、『優しい対応=大人な対応』で「おあいにく様っ!あなたの思い通りのリアクションなんかしませんよっ♪」と皮肉を込めて決別しなさいという解釈もできます。

 

 

【K】なるほど…

 

 

【須崎】ただ、危害を加えてくる場合は話は別だと思うのです。

 

 

【K】と申しますと…?

 

 

【須崎】こっちが何もしてこないと思って、危害を加えてくる輩はいるじゃないですか?

 

 

【K】はい。

 

 

【須崎】それは、それなりの対応をしていいと思います。

 

 

【K】なるほど!

 

 

【須崎】いい人ほど、やられ損で、損程度ならいいのですが、命まで奪われるいたましい事件があったりすると、僕は「話が通じる相手なら、この名言通りでいいけれど、話が通じない相手ならば、通じないなりの対応をしていい。我慢する必要はない!」と思っています。

 

 

【K】たしかに、追い詰められてしまう方もいらっしゃいますよね。

 

 

【須崎】そう!いい人が追い詰められて、加害者がのほほんとしているなんて、僕は個人的に許せないです(個人的見解)。

ですから、三輪さんの名言は大好きなのですが、これは、「話の通じる相手に限り!」と考えます。

もちろん、本当は全員に当てはまって欲しいのですが、現実はそうでもないのが残念なところです。

 

 

【K】私も三輪さんの名言は好きです。

 

 

【須崎】では、最初に話の通じない【例外的な人】の場合の話をしましたが、話の通じる人には、この名言通りでいいと思うのです。

 

 

【K】前教わった【いんぎんぶれい】というやつでしたっけ?

 

 

【須崎】そうそう!よく覚えてましたね?

 

 

【K】と言われると言いにくくなるのですが、【いんぎんぶれい】って、どういう意味でしたっけ?(笑)

 

 

【須崎】「言葉や態度などがあまりに丁寧すぎて、かえって嫌味で誠意が感じられなく、むしろ無礼になっている状態」です。

 

 

【K】あーっ!私が失敗したときに、先生によくやられる「ものーっすごく丁寧な態度」のことですか?

 

 

【須崎】それは「印象深く言っているだけ」です!(笑)

 

 

【K】それならよかったです(笑)。

 

 

【須崎】【いんぎんぶれい】は、どうでもいい人にやることです。

 

 

【K】どうでもいい人に、嫌なことされたり言われたら、【いんぎんぶれい】でもいいですね。

 

 

【須崎】まぁ、本当は、誰にでも優しく対応するのが理想なのですが、皆が皆聖人君子を目指しているかもしれませんが、それは難しいときにはどうする?というお話しでした。

 

 

【K】「本日のそなたの講話、誠に見事じゃったぞ!」

 

 

【須崎】それは慇懃無礼?

 

 

【K】いえ、おじゃる丸のセリフのマネです。

 

 

【須崎】なっ、なるほど!

 

 

【K】今回もありがとうございました!

心にゆとりを持って大人な対応ができるようになりたいです♪

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る