「辛くて自分は不幸から抜け出せない…」と感じているあなたへ【名言】

Text by Yasuhiko Susaki & Staff K

2020.11.30

 

辛いことが続いて人生のどん底かのように感じてしまっている…そんな時にご覧いただきたい名言です。

 

 

顔をあげて、胸を張って。

あなたならできる。

暗闇が訪れても、朝はやってくる。

希望を捨てないで。

 

- ジェシー・ジャクソン -

 

 

Hold your head high, stick your chest out. You can make it. It gets dark sometimes, but morning comes. Keep hope alive.

 

- Jesse Jackson -

 

 

辛いことがあると、人生のどん底かの様に感じてしまい、この先に明るい未来を見出すことが出来なくなってしまう事ってありませんか?

 

私は辛いことがあると、そのことで頭がいっぱいになり、明るい事を考える余裕なんて全くなくなります。

 

しかし、その時は「どん底だ…」と感じていても時間と共に元気を取り戻していきますよね。

この名言が教えてくれているように、「暗闇が訪れても、朝はやってくる。」本当にその通りだなと感じています。

 

希望を捨てないって大事なことですよね^^

先生はどう思いますか?

 

 

【須崎】世の中は、常に揺れ動いています。東洋思想にも「陰極まれば陽に転じ、陽極まれば陰に転ず」という言葉があり、いつまでも同じ状態ということはないのです。

 

 

【K】方丈記にも「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。淀みに浮かぶ うたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。世の中にある人とすみかと、またかくのごとし。」とありますしね。

 

 

【須崎】おっ!よくご存じで!

 

 

【K】よく先生がペットのメルマガに書いているじゃないですか!(笑)

 

 

【須崎】なるほど!

 

 

【K】たしかに、時間が解決してくれることがあると経験上感じています。

 

 

【須崎】そう、だから、「ずっと不幸な状態」とかはなく、変化するのですが、「出来事に意味はない、あなたが意味づけするまでは」という言葉の通り、視点を変えれば、「ずっと幸せ」も「ずっと不幸」も自分で選べるのです。

 

 

【K】先生もよく「これは俺を成長させる機会!」とおっしゃって、立ち向かって行かれますもんね。

 

 

【須崎】そうです!責任を持って取り組んだ方が、対応能力が高まり、出来ることが増え、ストレスが減りますから♪

 

 

【K】「脳は考えた事を現実に反映させる臓器」ですから、意味づけを自分でコントロールすることは、とても大事ですよね。

 

 

【須崎】わかってるじゃん!

 

 

【K】そう、わかっているけれど、いざとなるとできないんです…。

 

 

【須崎】それは、意識して習慣化しなきゃ!

 

 

【K】そうですね!私は「わかっているけれど出来ない落ちこぼれ」と思っていましたが、習慣化する途中だということですね。

 

 

【須崎】そうです!ただ、「知らなかったから出来なかった状態」から習慣化するまでは、それなりに努力が必要だということです。

 

 

【K】それを「めんどくさい」と意味づけてはいけないってことですよね。

 

 

【須崎】そういうことです。

「そういうものなんだ。みんな通る道なんだ。」と受け入れて、実践したらいいのです。

 

 

【K】私も、あきらめたり、逃げたりせずに、辛酸困苦に挑んで、対応能力を高めます!

 

 

【須崎】おっ!どこかで聞いたセリフ!(笑)

 

 

【K】はい、全部先生のメルマガからの借りものです(笑)

 

 

【須崎】ご活用いただきありがとうございます!

 

 

【K】でも、途中でくじけそうになったら、助けてくださいね。

 

 

【須崎】それもどこかで聞いたセリフ!

 

 

【K】はい、二回前の記事です♪(笑)

 

 

【須崎】使いこなしてますねぇー。

 

 

【K】「出来事に意味はない、あなたが意味づけするまでは」という言葉を頭に入れて、何事も前向きな意味づけができるように、日々気をつけたいと思います^^

今回もありがとうございました!

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る