30年間出来なかったことが出来る様になりました!

Text by Yasuhiko Susaki

2016.08.10

先日、個別相談にちょっとした課題を抱えた方がいらっしゃいました。(※技術的な課題)

30年できないことだが、どうしても出来る様になりたい!

なんでも、「今まで30年間、抱えてきた課題がある」とのことでした。「今までいろいろ努力してきたが、未だ出来たことがない。でも、どうしてもそれが出来る様になりたい!」という熱意あふれる方でしたことと、たまたまそのスキルと、伝達手法には「ちょぴ〜っと」だけ自信があったので、コーチ役を買って出ました。

30年できなかったことが30分でで来た!

その方、最初は緊張されていましたが、すぐにその方の「うまく行かないポイント」や「苦手意識の強さ」が解ったので、それを調整しながらやっていただきました。そうしたら、なんとその方、たった30分でできるようになってしまいました!ご本人曰く、「30年間、何をしていたんだろう?」とのこと。それは、30年間も試行錯誤してきたことが30分で出来る様になれば、そう思いますよね。

実は、苦手なことを苦手でない様にしたい方には、とても重要なポイントがあります。

苦手な人には見えていないことがある

ビルの向こう側がこちらからは見えないように、実は、「今できている人」は、「今はまだできていない人」が見えていないポイントが見えていたり、意識していたりします。見えていないのですから「それが存在することすら気付かない」ものです。ですから、「がんばってきたのにできない人」は、「同じ様にやっているつもりなのに、なんであの人は出来て、私は出来ないんだろう?」と思われるでしょうが、実際は、そのポイントの中でも重要な部分の見落としがあることが多いものです。
時には「パソコンの電源が入らないんですけど!(怒)」→「コンセントにプラグは入っていますか?」→「あっ…」なんてことだってあります。

苦手意識を取り除くのは一人では難しい

先日のケースは、
苦手意識からくる緊張を取り除く
などの心理的なブロックを外しつつ、調整しながら実践してみたら、30分後には出来た!となったわけです。もちろん、1回できただけでは不安定なので、繰り返し練習して、3回は「出来た体験」を経験していただきました。
この方のケースでは、「強い苦手意識」を放置したままで、テクニックや、手技・道具に走ったことが、「がんばっているのに出来ない…」という気持ちが強くなり、本質的な解決から遠ざかった要因だったようです。

あまりにもあっけなくできたので、「いろいろ準備はしてきたけど、実はすごく複雑なトラウマ・リリースとかやらなきゃならなかったらどうしよう…。」という当初の心配はあっさりと消え、「30年も出来なかったって、こんな簡単にできたんだから、大げさじゃないですか?」と言いましたら、
「いえ、本当に出来なかったんです。でも、勇気を振り絞って相談にのっていただいて良かったです!」とおっしゃっておりました。

諦めるのは簡単だが、今までとは違う視点からアプローチするのも良し

何事も、あきらめるのは簡単なのですが、実は重要なピースを一つはめさえすればそれで解決できることだってあります。

「努力がなんだか報われない…」と感じたら、確かにそれは才能の問題がゼロではないかもしれませんが、そのピースが何かを
時間がかかっても自分で見つける
できる人に教えてもらう
などで、探してみるのもいいかもしれませんね。

本当に先日のケースは、僕自身も、新たな自信をつけさせていただき、有益な事例でした。
動物診療も好きなのですが、こちらの仕事も1988年からやって来ているので、好きなんですよね…。私も、更に上を目指してがんばります!
そしてあの方も、諦めかけていたことが出来る様になったことをきっかけに、どんどんスキルが上がったらいいなぁ〜と、勝手に思っているのでした。
あなたが今抱えている壁が大きく感じているならば、視点を変えるのも大切かもしれませんね。

追伸:視点を変えるのに役立つスキルの一つに、ホセ・シルバ氏が開発したシルバメソッドがあります。ぜひ、お役立てください。

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る