心を込めて、丁寧に取り組む姿勢は、精神の鍛錬になる

Text & Photo by Yasuhiko Susaki

2016.10.15

 

 

世の中期待通りに100%いく事なんてない!

プラモデルの部品の面が平らだとか、真っ直ぐと思っている方は多いものですが、必ずしもそうとは限りません。

写真の様に、実際に確かめてみると(パテを盛って削ってみた)、うっすら凹んでいるのがわかります(凹みにパテが白く残る)。

それをそのまま組み立ててもいいのですが、こんなことほど手を抜かずにしっかり処理すると、仕上がりがまるで違います(もちろん、自己満足的ではありますが…)。

 

 

望む結果に引き戻すための努力でメンタルが鍛えられる

昔のキットほど、こういう状態が多く、酷いと、接着面すら合わないこともあります(笑)。

 

そんなときは、

●暖めて変形させる

●パーツを切って、プラバンで加工したものを貼り付ける

などの作業をすることになります。

この過程でとても技術が磨かれます

 

また、

●細いパーツが折れたら、他の人が見ても分からないように繋ぐ技術

なんかは、子供のおもちゃが壊れたときに直すときに役立ち、とても喜んでもらえたのを覚えています(子供は思い出せないみたいですが…)。

 

 

期待通りならラッキ−!そうでなければ成長の機会!

こんな趣味を通して学んだことですが、環境に過度の期待をせず、期待通り、あるいはそれ以上だったらラッキー!と感謝し、期待にそぐわなければ、「世の中、こんなもんだ!そしてこれは腕試し・成長のチャンス到来!」と解釈して行動できるようになりました。

 

この様に「自分で整えるのが当たり前で、買ったものが整える必要が無かったらラッキーであり、整えることを、面倒だと思わなくなりましたし、避けて逃げない心も鍛えられました

 

とにかく、「諦めない気持ち」が育まれるのが、プラモデル制作です。

 

副次的に、何かトラブルが起こっても、好きなことですから「あ”ぁ”−っ!」などとかんしゃくを起こしたりせず、どうやったら元に戻せるか?本来の進行状況に戻せるか?と、あれこれ解決思考で考え始めるので、途中で簡単に諦めたりせず、望む結果が得られるように修復のための努力をし始めますから、精神的にも鍛えられ、心の状態も安定してきます。

もちろん、全く波風が立たないわけではありませんが…(笑)。

 

 

心を込めて、丁寧に取り組む姿勢は、精神の鍛錬になる

そんな理由から、プラモデルを心を込めて、丁寧に作ることは、精神の鍛錬になりますし、問題解決力も高まるなど、人生も学べますので、パチパチはめて終わりももちろん楽しいのですが、仕上がり具合に貪欲なモデラーになるのもいいかもしれませんね。

 

そして、これぞ、究極の指先知育なのではないでしょうか?

是非、お子様にもおすすめしたい趣味です。

 

同じ様なことは、書道や絵画、音楽でもいえると思います。

 

どうせ取り組むなら、完成度を高めることで心も育みたいですね。

「たかがプラモデル…」などと陰口をたたかれないように(笑)。

 

 

 

人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る