テスト前日の繊細な子供と信頼関係を育む接し方

Text & Photo by Yasuhiko Susaki

2016.10.18

 

 

テスト前日の親子の攻防

「明日テストなんでしょ!マンガなんか読んでないで、ちゃんと勉強しなさい!(怒)」

なんて言いたくなる気持ちはよーくわかります。

何を隠そう、私もそんなことを言われていた時期がありましたから…。

 

でも、そんなことを子供に言ったら

「あと三ページ読んだら勉強しようと思ったのに、そんなこと言うからヤル気無くなった…」

なんて言葉が返ってくるのは、我が身を振り返っても想像できますよね?

 

いつの時代も、親は悩んでいるのです。

 

 

傷付かないための伏線としての「ヤベェー」

また、子供は子供なりに考えていて、チャレンジして「望む結果」に至らなかった時に受ける精神的ダメージを軽減する目的で、

「明日の漢字テスト、マジで合格無理っぽいんだけど…。マジ、やべぇー。」

という様なことを言うことがあります。

 

そんなとき、周りの親御さん方は、「イラッ」とするのではなく、我が子をギュッと抱きしめながら、

「大丈夫♪」

と、言ってあげてください。

 

例え明日のテストが準備が間に合わず不合格でも、「親に愛されているから応えたい」と、子供は内心で思うものです。

そして、次のテストはきっと一発合格してくれるハズです!(たぶん…)

 

そんな信頼関係を親子間に持ちたいものです。

 

 

子は親の鏡

あっ!それと、子供は親の鏡です。

子供に学習習慣を付けたければ、まずは自ら襟を正すことも大事ですね。

 

子供はよーくみてます。

「お前はどうなんだよよ…」と…。

 

えっ!うちの子ですか?

はい、遊んでます(笑)

 

子供は親の鏡です(笑)

 

がんばれ!自分!(笑)

 

 

 

人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る