怒りなどの感情を変える方法

Text by Yasuhiko Susaki

2016.12.22

私たちの生産性は、自分の感情の影響を受けています。

 

つまり、「明るく元気→生産性高まる」「暗くて撃沈→生産性高」まらないということです。

ですから、明るく元気に!と申し上げたいところですが、「それがやりたくても出来ないんだ…」という方もいらっしゃるかもしれません。

 

そんなときは、

●出来ることを少しずつ達成し、積み上げていく

が、おすすめの軌道修正法です。

 

例えばこの場合、腹を立てることを一日に一回減らしてみましょう。

自分の感情は選ぶことが出来る訳ですから、例え何かあっても、「さもありなん。」の精神で、感情を入れず、「河の流れを眺めるような気持ち」で、悠然と構えてみるのもいいでしょう。

 

また、怒る回数を減らしたところで、「自分だったら、この場面でどうするだろうか?」と考えてみるのも良いでしょう。

同じ出来事も、不快に思って終わるのと、次へ活かすのとでは、大きな違いです。

 

もちろん、どちらにするかは、あなたが自由に選べます。

あなたは、どちらを選びますか?

 

 

 

ところで、人生は問題解決の連続です。

問題解決力を高める秘訣の一つは、集中力を高めることです。

その集中力を高める秘訣の一つは、集中の邪魔を一つ一つ減らしていくことです。

毎朝「これは実践できているかどうか?の確認ができてありがたい!」と好評の無料メールマガジンはこちら

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る