褒められる事が苦手【須崎恭彦 動画解説】

Text by Yasuhiko Susaki

2016.12.24

嬉しいのに褒められるのが苦手

 

最近、会社でもプライベートでも、会話をする機会が増えました。

そんなとき、自分の発言に「自分はマイナス思考だな」と感じるのです。

 

例えば「すごいね」「頑張ってるね」などと褒められるのですが、その言葉を素直に「そうでしょ〜ありがとう」と受けとれないのです。

 

「私なんて全然だめだよ」「ひまだから〜ほかにやることもなくて・・・」といつも否定してしまうのです。

 

自分の持ち物などでお気に入りのバッグを誉められても、「これ可愛いでしょ、気に入って買っちゃった」と本当は言いたいのですが、「これスーパーでセールだったから買っちゃった」と言ってしまいます。

 

言いたいなら言えばいいのに、と自分でも思いますが。

素直に肯定をしたとき、周りの人は心の中ではあざ笑っているのではないか、自慢していると思われ「え・・・」と引かれるのではないか、という不安の壁が言葉を発しようとする瞬間に立ちはだかり、マイナスな言葉に変えてしまいます。

 

また、自分が誉められるなんて恐れ多いなとも思ってしまい、いつも不安と卑屈の壁にまけてしまいます。

きっと自分に自信がないことも原因かとは思いますが、このままでは相手方も私も楽しく会話が出来ません。

 

こんな時、素直に受けとるにはどんな心持ちでいたらいいでしょうか。

先生、教えて下さい。

 

【アンナ 様 20代 女性】

 

 

というご質問を、メルマガの質問箱に頂きました。須崎の返答やいかに?

 

「私も質問したい!」という方は、下記よりメルマガ「1分間集中力」にご登録いただき、質問の仕方の流れに従ってご質問ください。

 

 

 

その他、集中力を高める方法YouTube動画解説はこちらからご覧いただけます。

↓↓↓

http://www.youtube.com/c/Silva8Net

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES

COLUMN一覧を見る