ENTERTAINMENT

ルールなき国境麻薬戦争を極限の臨場感で描く傑作サスペンス・アクションが〈新章〉へと突入!『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』は11月16日(金)より全国ロードショー

Editing by Design Studio Paperweight INC

2018.11.11

ルール無き国境麻薬戦争の闇の奥で、物語はさらに非情に、重層的に交錯する

アメリカとメキシコの国境地帯を舞台に、あらゆるルールもモラルも通用しない麻薬戦争の恐るべき現実をえぐり出し、アカデミー賞3部門にノミネートされた『ボーダーライン』。世界中を驚嘆させたサスペンス・アクションの傑作が、衝撃的な世界観と臨場感はそのままに新章へと突入する。

メキシコからのテロリスト流入に危機感を抱いたアメリカ政府の命を受け、CIAのマットと一匹狼の暗殺者アレハンドロのコンビが挑む新たなミッションは、麻薬カルテル間の内戦を引き起こすこと。予測不可能にして非情な展開を見せる映像世界は、極限の緊迫感をみなぎらせて観る者を圧倒する。兵士としての任務か、一人の少女の運命か—、
激化する国境麻薬戦争の深い闇の中で、究極の選択を迫られるアレハンドロはいかなる"決断"を下すのか—。

脚本は『ボーダーライン』で一躍脚光を浴び、『最後の追跡』でアカデミー賞にノミネートされた俊才テイラー・シェリダンが続投。
破格のスケールアップとエモーショナルな進化を遂げ、再び世界中を震撼させる快作が完成した!

 

STORY
アメリカ国内で市民15人の命が奪われる自爆テロが発生。犯人がメキシコ経由で不法入国したと睨んだ政府は、国境地帯で密入国ビジネスを仕切る麻薬カルテルを混乱に陥れる任務を、CIA特別捜査官マット(ジョシュ・ブローリン)に命じる。
マットは、カルテルに家族を殺された過去を抱える暗殺者アレハンドロ(ベニチオ・デル・トロ)に協力を要請し、麻薬王の娘イサベルを誘拐し、カルテル同士の戦争を誘発しようと企てる。しかし、その極秘作戦は敵の奇襲や米政府の無慈悲な方針変更によって想定外の事態を招き、メキシコの地で孤立を余儀なくされたアレハンドロは、兵士としての任務、復讐、そして一人の少女の命—、過酷なジレンマに直面することになる………。

2018年11月16日(金)より全国ロードショー

『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』(配給=KADOKAWA 提供=ハピネット/KADOKAWA)

監督:ステファノ・ソッリマ(『暗黒街』)
脚本:テイラー・シェリダン『ボーダーライン』『ウインド・リバー』
出演:ベニチオ・デル・トロ、ジョシュ・ブローリン、イザベラ・モナー、ジェフリー・ドノヴァン、マヌエル・ガルシア=ルルフォ、キャサリン・キーナー
2018年/アメリカ映画/上映時間122分/字幕翻訳:松浦美奈/原題『Sicario: Day of the Soldado』

 

RECENT ENTRIES