ENTERTAINMENT

あふれる才能を遺し、突然この世を去った歌人・萩原慎一郎の遺作となった歌集を完全映画化。現代社会をもがき生きる苦悩と希望描く人生讃歌。映画『滑走路』は11月20日より全国ロードショー。

Editing by Design Studio Paperweight INC

2020.11.12

あふれる才能を遺し、
突然この世を去った歌人・萩原慎一郎
遺作となった唯一の歌集が完全映画化
非正規、いじめー逆境の中、それでも希望を託した魂の叫び

あふれる才能を遺し、突然この世を去った歌人・萩原慎一郎による「歌集 滑走路」。あとがきを入稿した翌月、32歳の若さで命を絶ち、デビュー作にして遺作となった一冊の歌集が映画化された。いじめや非正規雇用を経験しながら、それでも生きる希望を託した歌は、苦悩を抱える人へのエールとして多くの共感を集め話題に。新聞やTVなどでも次々と取り上げられ、歌集にしては異例のベストセラーを記録した。

原作歌集をモチーフにオリジナルストーリーとして紡がれる本作。数々の話題作に出演する水川あさみが扮する翠(みどり)、実力派俳優として活躍目覚ましい浅香航大扮する若手官僚・鷹野(たかの)、そして新人・寄川歌太が扮する中学二年生の学級委員長。それぞれ“心の叫び”を抱えて生きる3人の人生が、やがて交錯していく—。
脇を固めるのは、坂井真紀、水橋研二、吉村界人、染谷将太、木下渓、池田優斗の魅力的な実力派俳優陣と瑞々しい若手キャスト。

非正規、いじめ、過労、キャリア、自死、家族—現代を生きる若い世代が抱える不安や葛藤、それでもなお希望を求めてもがき生きる姿を鮮烈に描き出す。

STORY

あなたの言葉が、生きる翼をくれたー
現代社会をもがき生きる苦悩と希望描く人生讃歌

一級建築士の石川一登(堤真一)とフリー校正者の妻・貴代美(石田ゆり子)は、一登がデザインを手掛けた邸宅で、高一の息子・規士(岡田健史)と中三の娘・雅(清原果耶)と共に幸せに暮らしていた。規士は怪我でサッカー部を辞めて以来遊び仲間が増え、無断外泊が多くなっていた。高校受験を控えた雅は、一流校合格を目指し、毎日塾通いに励んでいた。

冬休みのある晩、規士は家を出たきり帰らず、連絡すら途絶えてしまう。翌日、一登と貴代美が警察に通報するべきか心配していると、同級生が殺害されたというニュースが流れる。警察の調べによると、規士が事件へ関与している可能性が高いという。さらには、もう一人殺されているという噂が広がる。
父、母、妹ーーーそれぞれの〈望み〉が交錯する。

 

2020年11月20日(金)全国ロードショー

『滑走路』(配給=KADOKAWA)

出演:水川あさみ/浅香航大/寄川歌太/木下渓/池田優斗/吉村界人/染谷将太/水橋研二/坂井真紀
原作:萩原慎一郎「歌集 滑走路」(角川文化振興財団/KADOKAWA刊)
監督:大庭功睦
脚本:桑村さや香
主題歌:Sano ibuki「紙飛行機」(EMI Records / UNIVERSAL MUSIC)
製作:「滑走路」製作委員会、埼玉県/SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ
制作プロダクション:角川大映スタジオ、デジタルSKIPステーション
配給:KADOKAWA
2020年/120分/ビスタ/カラー/PG12

RECENT ENTRIES