ENTERTAINMENT

父も母もいないけど、私には《家族》がいました。変わりゆく時代の中で生きる男たちを【家族・ファミリー】の視点で描くヒューマンストーリー

Editing by Design Studio Paperweight INC

2021.01.11

ただ、愛した。矛盾と不条理のこの世界で、全てを懸けて――。
日本アカデミー賞6冠『新聞記者』のスタッフが再び集結して新たに挑むテーマは「ヤクザ」

『MOTHER マザー』『新聞記者』など、鋭い視点で現代を表現する映画会社スターサンズと、スタイリッシュな映像とクールな男たち像を描くことに定評のある『新聞記者』の藤井道人監督。『新聞記者』を世に出した彼らが挑む最新作のテーマは「ヤクザ」。

「変わりゆく時代の中で排除されていく”ヤクザ”という存在を、抗争という目線からではなく、家族の目線から描いた作品」と自身で脚本を担当した藤井監督は語る。様々な問題をはらんだテーマを、現代に何かを突きつける一級のエンタテインメントとして描き出す。

変わりゆく時代の中で生きる男たちを【家族・ファミリー】の視点で描くヒューマンストーリー

これは、ヤクザという生き方を選んだ男の3つの時代にわたる物語。荒れた少年期に地元の親分から手を差し伸べられ、父子の契りを結んだ男・山本。ヤクザの世界でのし上がる彼は、やがて愛する自分の≪家族≫とも出会う。ところが、暴対法※の施行はヤクザのあり方を一変させ、因縁の敵との戦いの中、生き方を貫いていくことは一方でかけがえのないものを失うことになっていくー。

主人公・山本役に今回初のヤクザ役となる綾野剛。山本に “家族”という居場所を与えた柴咲組組長・柴咲を、ヤクザ役は43年ぶりとなる舘ひろし。その他、豪華キャスト共演のほか、主題歌には綾野自らオファーしたという常田大希がmillennium paradeとして加わり、書き下ろし楽曲で本作を彩る。現代ヤクザの実像を描き、今の世に問題を突きつける、全く新しいスタイリッシュ・エンタテインメントがここに誕生!!

※暴力団対策法:1992年、2012年に施行。暴力団の無力化に大きく役立ち、企業や地域社会への影響力を減じる契機となった。

STORY

1999年、2005年、2019年――。
3つの時代で見つめる、一人の男とその【家族・ファミリー】の壮大な物語。

第一章:1999年 出会い

派手な金髪に真っ白な上下で全身を包んだ19歳の山本賢治(綾野剛)。証券マンだった父はバブル崩壊後に手を出した覚せい剤で命を落とし、母親もすでに世を去っている。身寄りのない山本は、悪友の細野(市原隼人)・大原(二ノ宮隆太郎)と連れ立っては、その日暮らしの生活を送っていた。
そんなある日、行きつけの食堂で飲んでいた山本は、そこに居合わせた柴咲組組長・柴咲博(舘ひろし)をチンピラの襲撃から救う。これが二人の出会いだった。食堂を営む愛子(寺島しのぶ)の亡き夫は柴咲の弟分でもあった。
後日、柴咲組と敵対する侠葉会の若頭・加藤(豊原功補)と若頭補佐の川山(駿河太郎)によって、港に拉致された山本たち。それは父の死に遺恨を抱く山本が、侠葉会の息のかかった売人から覚せい剤を横取りしたことに対する報復だったが、たまたま持っていた柴咲の名刺がこの危機を救う。
一命を取り留めた山本は柴咲と再会を果たす。父に覚せい剤を売りつけたヤクザを山本は憎んでいた。そんな山本を“ケン坊”と呼んで迎え入れる柴咲。自暴自棄になっていた自分に手を差し伸べてくれた柴咲に山本は心の救いを得て、二人は父子の契りを結ぶ。こうして山本はヤクザの世界へ足を踏み入れた。

第二章:2005年 誇りを賭けた闘い

柴咲組の一員となった山本は、持ち前の一本気を武器に、細野や大原とヤクザの世界で男をあげつつあった。背中に彫り込んだ修羅像も板についている。世間では日本経済の回復が続いており、その景気拡大は戦後最長記録を更新していた。
そんな中、因縁の相手・侠葉会との争いは激化する一方だった。その日もキャバクラの店内で鉢合わせた川山とやり合いになるが、傷の手当てをしてくれたホステスの由香(尾野真千子)に、山本は好意を持つ。自分と同じように家族のいない由香の前でだけ、山本は鎧を脱いで心の安らぎを手に入れることができた。
しかし運命は非情だった。腹の虫がおさまらない加藤の差し金で柴咲が襲われ、代わりに仲間の大原が犠牲となるが、静岡県警の刑事・大迫(岩松了)はこの件に手を出さないよう柴咲組に釘を刺す。「これからは社会でヤクザを裁くのは法や警察だけじゃない。世の中全体に排除されるようになります。時代は変わっていくんですよ」。
それでも引き下がれない山本は、自分の大切な居場所であるファミリー=柴咲組を守るために、加藤たちの元へ単身乗り込む。川山の背後から拳銃を構え、引き金を引こうとしたとき、包丁を握った柴咲組若頭の中村(北村有起哉)がその横を追い抜いた。「ケン坊、親父のこと頼んだぞ」。
そんな中村の姿を目の当たりにした山本は、血に染まった川山を前に、ある決断をするのだった。

第三章:2019年 激変した世界

中村の罪をかぶった山本が獄中から出てきたのは14年後。その髪には白いものが混じっている。そこで山本を待ち受けていたのは、暴対法の影響で存続も危うい状態に一変した柴咲組の姿だった
かつての盟友・細野は組を抜け、結婚して子供をもうけていた。「ヤクザ辞めても、人間として扱ってもらうには5年かかるんです。口座も、保険も、家も」。“5年ルール”の厳しさを口にした細野は、食事代をもとうとする山本を頑なに固辞した。いまだ柴咲組に籍を置く山本にご馳走してもらえば、反社会からの金を受け取ることになる。ヤクザは仲間に奢ることさえ許されない時代になっていた。
一方で、愛子の息子・翼(磯村勇斗)は22歳になり、柴咲組のシノギを手伝いながら夜の町を仕切っていた。柴咲組の組員だった父親を抗争で亡くし、山本を慕う翼は、新世代の青年らしいクールな感性に見え隠れする危うさを秘めていた。
ヤクザを取り巻く状況の変化に戸惑いながらも、由香と再会した山本は、14歳になる彩が自分の娘であることを知る。あれほど焦がれた自らの家庭を築くため、組を抜けて新たな人生を歩もうとする山本だったが、元ヤクザという経歴は恩人の細野や由香を巻き込み、思わぬ形で愛する者たちの運命を狂わせていく。それはほかでもない自分のせいで、ようやく掴みかけたかけがえのない家族を失うという、この上なく残酷な現実だった。
そんな山本を気遣う翼が打ち明ける。「親父殺したやつ見つけたんすよ」。
翼の瞳の奥に危険な光を見た山本は、自分の過去のすべてを背負って未来へとつなげるために、ヤクザとしての人生に決着をつけようとする-。

 

2021年1月29日(金)全国ロードショー

『ヤクザと家族 The Family』(配給=スターサンズ/KADOKAWA)

綾野剛
尾野真千子/北村有起哉/市原隼人/磯村勇斗
菅田俊/康すおん/二ノ宮隆太郎/駿河太郎
岩松了/豊原功補/寺島しのぶ
舘ひろし

監督・脚本:藤井道人 音楽:岩代太郎
主題歌:「FAMILIA」millennium parade(ソニー・ミュージックレーベルズ)

企画・製作・エグゼクティブプロデューサー:河村光庸
プロデューサー:佐藤順子/角田道明/岡本圭三 CO.プロデューサー:飯田雅裕
撮影:今村圭佑 照明:平山達弥 録音:根本飛鳥 キャスティング:おおずさわこ 美術:部谷京子 衣装:宮本まさ江
ヘアメイク:橋本申二 助監督:逢坂元 制作担当:大川哲史 題字:赤松陽構造 スチール:八木咲 編集:古川達馬
製作:2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会

 

RECENT ENTRIES