ENTERTAINMENT

世界の運命は、一人のセールスマンに託された。米・ソ全面核戦争目前、【スパイ】にスカウトされた英国人。その極秘任務とは―。

Editing by Design Studio Paperweight INC

2021.09.10

歴史の闇に葬られた米・ソ諜報戦の真相が今、明かされる。

1962年10月、アメリカとソ連、両大国の対立は頂点に達し、「キューバ危機」が勃発した。
世界を震撼されたこの危機に際し、戦争回避に決定的な役割を果たしたのは、実在した英国人セールスマン、グレヴィル・ウィンだった。
スパイの経験など一切ないにも関わらず、CIA【アメリカ中央情報局】とMI6【英国秘密情報部】の依頼を受けてモスクワに飛んだウインは、国に背いたGRU【ソ連軍参謀本部情報総局】高官との接触を重ね、そこで得た機密情報を西側に運び続けるがー。
本作は、キューバ危機の舞台裏で繰り広げられた知られざる実話を基に、核戦争回避のために命を懸けた男たちの葛藤と決断をスリリングに描いた、迫真のスパイ・サスペンスだ。

「キューバ危機」とは?

1962年10月、ソ連がカリブ海のキューバに核ミサイル基地を建設していることが発覚。アメリカは海上封鎖で対抗し、世界は全面核戦争の危機に瀕した。土壇場で両国は歩み寄り、キューバからソ連のミサイルは撤去された。 “人類史上、最も第三次世界大戦に近づいた13日間”と呼ばれている。

STORY

東西冷戦下、米ソ間の核武装競争が激化。世界中の人々は核戦争の脅威に怯えていた。
そんな時、CIAとMI6のエージェントが一人の英国人に目を付けた。その男、グレヴイル・ウインは東欧諸国に工業製品を卸すセールスマンだったが、彼が依頼された任務とは、販路拡大と称してモスクワに赴き、GRUのペンコフスキー大佐から受け取ったソ連の機密情報を西側に持ち帰ることだった。
あまりに危険なミッションに恐れをなし、ウインは協力を拒否するが、世界平和のために祖国を裏切ったペンコフスキーに説得され、やむなくモスクワ往復を引き受ける。
だが、政治体制を超えた友情と信頼で結ばれた男たちは、非常な国家の論理に引き裂かれ、過酷な運命をたどることにー。

 

2021年9月23日(木・祝)全国ロードショー

『クーリエ:最高機密の運び屋』(配給=キノフィルムズ)

監督:ドミニク・クック
出演:ベネディクト・カンバーバッチ、メラーブ・ニニッゼ、レイチェル・ブロズナハン、ジェシー・バックリー、アンガス・ライト
配給:キノフィルムズ 提供:木下グループ
原題:THE COURIER/映倫区分:G/2021年/イギリス・アメリカ合作/英語・ロシア語/カラー/スコープサイズ/5.1ch/112分

 

RECENT ENTRIES