ENTERTAINMENT

これは、二人の俳優と、コロナ禍に生きる人々の全く新しいドキュメンタリー。映画『人と仕事』は、10月8日(金)より全国3週間限定、劇場上映!

Editing by Design Studio Paperweight INC

2021.10.10

有村架純×志尊 淳×スターサンズ が贈る
私たちの“今”を体感するヒューマンストーリー!
二人の俳優が、コロナ禍の現代社会と向き合う!

有村架純、志尊 淳という、名実ともに今最旬の2人が、新型コロナに打ちひしがれた日本の職場で働く、「エッセンシャルワーカー」と呼ばれる保育士や介護福祉士、農家などの人々や、声なき仕事人達の現状をレポートする。
企画は、『新聞記者』(19)、『パンケーキを毒見する』(21)など、話題作を世に送り出しているスターサンズ・河村光庸。監督は『さんかく窓の外側は夜』(21)の森ガキ侑大。
2020年、元々このチームで劇映画を制作予定だったが、新型コロナウイルス感染症拡大により、映画制作を断念せざるを得ない状況へ。
しかし、世の中に一石を投じ続ける河村エグゼクティブプロデューサーならではのアイデアにより、監督・俳優はそのままに、現在の日本を探るドキュメンタリー映画へシフト。

夜の街で生きる人々や、シングルマザー、社会的養護が必要な子ども達の姿など、撮影する中で次第に見えてくるのは“誰にも頼れない社会”。貧困、分断、孤立や家庭崩壊ー。だがその中でたくましく生きる人々の言葉は、観るものの心に深く刻みつけられる。これは、まさに私たちが生きる“今”を映し出したヒューマンストーリー !

STORY

2人の“俳優”が、役ではなく、そのままの“自分”としてスクリーンに登場。有村架純と志尊淳が、保育士や農家などといった職業に就く人々を訪ね、体験し、演技ではない、ありのままの言葉や表情で、職場が直面する数々の問題に触れ、現代社会の陰影を浮き彫りにする。

そして、「リモートでは出来ない、そこにいなければできない仕事」の価値を再認識していく有村と志尊は、そんな「エッセンシャルワーカー」達の姿を、次第に自分自身の仕事-俳優業-と重ねていく。

様々な人と仕事への眼差しがもたらす2人の変化。「人にとって、仕事とは?」果たして2人が見つけた答えとは一

 

2021年2021年10月8日(金)全国3週間限定劇場上映

『人と仕事』(配給=スターサンズ)

出演:有村架純/志尊 淳
監督:森ガキ侑大 企画・製作・エグゼクティブプロデューサー:河村光庸 
製作:堀内大示 森田圭
プロデューサー:長井龍 小松原茂幸 花田聖
音楽:岩代太郎 編集:鈴尾啓太
編集助手:藤井遼介
撮影:森ガキ侑大 Junpei Suzuki 西山勲 佐野円香 森 英人/小松原茂幸 山崎裕
録音:森英司 黒木禎二
歌:吉田美奈子& W.I. 作詞:土城温美
制作:スターサンズ 配給:スターサンズ/KADOKAWA 製作:『人と仕事』製作委員会

 

RECENT ENTRIES