ENTERTAINMENT

夫婦の “ゆずらない”バトルをコミカルに描いたブラックコメディ、映画『犬も食わねどチャーリーは笑う』は9月23日(金・祝)より全国ロードショー。

Editing by Design Studio Paperweight INC

2022.09.10

コメディだけど怖いんです、いい意味で。
笑えない二人の笑えるガチゲンカ、はじまり、はじまり。

「夫婦喧嘩は犬も食わない」と言うけれど、その喧嘩が大ごとになったら? 
映画『犬も食わねどチャーリーは笑う』は、愛しさ余って憎さ百倍、いや千倍! 万倍!? ひと組の夫婦のゆずらないバトルをコミカルに描いたブラックコメディ。

『箱入り息子の恋』『台風家族』などオリジナル脚本でも勝負する市井昌秀監督の最新作。
夫の裕次郎を演じるのは、主演の香取慎吾。映画『凪待ち』をはじめ多くの映画で様々な顔(役)を見せてきた香取が、本作では平凡で、情けなくて、ダメな夫を何とも愛おしく演じている。
妻の日和を演じるのは岸井ゆきの。映画『愛がなんだ』『やがて海へと届く』をはじめ、テレビや舞台、幅広く活躍する実力派。可愛らしさと毒舌さ、両方を合わせ持つ日和をチャーミングに演じきった。
また、裕次郎の同僚役には、井之脇海、的場浩司、余貴美子というちょっぴりクセ強めのバイプレイヤーがズラリ、夫婦のバトルを盛り上げる!

大いに笑って、大いにヒヤリとして、大いに泣ける、ブラック“ラブ”コメディが誕生です。

STORY

SNS〈旦那デスノート〉に投稿された、恐ろしい本音の数々!!
単なる偶然? それとも……まさかこれって、自分のこと?!

この物語の主人公、裕次郎と日和は結婚4年目を迎える仲良し夫婦? というのは(もちろん)表向き。鈍感夫にイライラする日和は、積もりに積もった鬱憤を吐き出さなきゃやってらんないわー! と、出会ってしまったのは、SNSの〈旦那デスノート〉。そこには妻たちの恐ろしい本音、旦那たちが見たらゾッとするようなエグ~イ投稿がびっしり書き込まれていた。

そしてある日、裕次郎もその存在を知ってしまう!「これって俺のことか?」気になる投稿のペンネームはチャーリー。日和と一緒に飼っているフクロウの名前もチャーリー…ってことは!夫婦ゲンカのゴングの鐘が、いま鳴り響く!!

2022年9月23日(金・祝)より全国ロードショー

『犬も食わねどチャーリーは笑う』(配給=キノフィルムズ)
出演:香取慎吾/岸井ゆきの
井之脇 海/中田青渚/小篠恵奈/松岡依都美/田村健太郎/森下能幸/的場浩司/眞島秀和
徳永えり/峯村リエ/菊地亜美/有田あん/瑛蓮/きたろう/浅田美代子/余 貴美子

監督・脚本:市井昌秀
音楽:安部勇磨
主題歌:never young beach 「こころのままに」(BAYON PRODUCTION)
小説:「犬も食わねどチャーリーは笑う」市井点線 著(小学館刊)
製作総指揮:木下直哉
エグゼクティブプロデューサー:飯島三智
プロデューサー:谷川由希子/石塚正悟/大塚健二
音楽プロデューサー:緑川 徹/濱野睦美
撮影:伊集守忠
照明:澤村圭祐
録音:反町憲人
美術:堀明元紀
装飾:石上淳一
助監督:吉田 亮
キャスティング:細川久美子
衣裳:渡部祥子/百井 豊
ヘアメイク:佐伯憂香/澤田久美子(香取慎吾担当)
スクリプター:黒木ひふみ
編集:木谷 瑞
音響効果:渋谷圭介
制作担当:高橋輝光
製作:“犬も食わねどチャーリーは笑う”FILM PARTNERS(木下グループ CULEN)
制作プロダクション:ギークサイト

 

RECENT ENTRIES