ENTERTAINMENT

天才科学者キュリー夫人が辿った知られざる激動の半生とは─映画『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』は10月14日(金)より全国ロードショー。

Editing by Design Studio Paperweight INC

2022.10.10

人類史上初ノーベル賞を2度受賞した天才科学者キュリー夫人の知られざる激動の半生を描く

その名を誰もが一度は聞いたことがある歴史上の偉人、キュリー夫人。
1903年にノーベル物理学賞、1911年に同科学賞を受賞し、これは人類史上初の快挙で、現在も同賞を2度受賞した事のある唯一の女性である。その彼女が夫と共に発見した放射性元素は科学の常識を覆し、癌治療に活用され多くの人々の命を救った一方で、核兵器として戦争の道具で使われ、人類に様々な面で大きな影響を与えた事はあまり知られていない。

本作ではそんな彼女の輝かしい業績とは裏腹に、愛する夫との出会いと別れから、女性や移民である事で差別を受けてきた、知られざる波乱に満ちた激動の人生の“光と影”に焦点を当てた衝撃の実話となっている。

キュリー夫人を熱演したのは、人気・実力ともにハリウッドを代表するロザムンド・パイク。02年に『007/ダイ・アナザー・デイ』のボンドガールに抜擢され大ブレイクした彼女は、『ゴーン・ガール』(14)で失踪した主人公の妻役を演じ、アカデミー賞®主演女優賞にノミネートされて絶賛を博した。日本でのスマッシュヒットも記録に新しい『パーフェクト・ケア』(20)では、老人たちを食い物にする悪徳実業家を圧倒的な存在感で怪演し、ゴールデン・グローブ賞の主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)を見事受賞。
本作では、激動の時代を駆け抜けた天才科学者の複雑な心情を渾身の熱演で体現し、かつてない、ありのままのキュリー夫人像を映し出している。

また、彼女の運命を左右する多彩な豪華キャストも見逃せない。
夫のピエール・キュリーには、『コントロール』(07)、『マレフィセント』シリーズ(14・19)のサム・ライリー。夫の死後に不倫相手となるポールには『ダンケルク』(17)、『どん底作家の人生に幸あれ!』(19)のアナイリン・バーナード。母親の才能を受け継ぎ、後にノーベル化学賞を受賞する娘のイレーヌ・キュリーには、Netflixドラマ「クイーンズ・ギャンビット」(20)や『ラストナイト・イン・ソーホー』(21)で人気急上昇中のアニャ・テイラー=ジョイがそれぞれ扮し、アンサンブルを魅せている。

監督は、デビュー作の長編アニメ『ペルセポリス』が07年のカンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞して世界を驚嘆させた、イラン出身の鬼才マルジャン・サトラピ。11年の全米図書賞最終候補作となったローレン・レッドニスの「放射能/キュリー夫妻の愛と業績の予期せぬ影響」を原作に、『博士と彼女のセオリー』などの名プロデューサーであるティム・ビーヴァン製作のもと、『ワンダー 君は太陽』(17)や、現在日本でも開幕中の舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」の脚本家ジャック・ソーンとタッグを組み、緻密かつエモーショナルな伝記映画を撮り上げた。
まだ女性が弱い立場に置かれていた前近代的な19世紀のパリを舞台に、逆風を満身で受けながら苦悩したキュリーの揺れ動く心情を丁寧に描写し、彼女の発見が人類の未来に大きな影響を与えていく過程をドラマティックに演出している。

時に衝突しながらも支え合うキュリー夫妻の愛と絆。類稀なる才能ゆえに抑えきれない衝動的な情熱。やがて戦争に翻弄されてゆく苛烈なまでの運命。そのすべてが渾然一体となった天才科学者の真の実像、生き様は観るものすべての胸を打つ。

キュリー夫人が追い求めた<真実>の果てに、待ち受けていたものとは?その答えは、未来を託された私たちの手の中にあるのかもしれない。

STORY

その愛と情熱は、やがて世界を変えた──

19世紀、パリ。ポーランド出身の若き女性研究者マリ・スクウォドフスカは、ソルボンヌ大学から性差別を受け、ろくに研究の機会を与えられないでいた。

そんな中、同僚の科学者ピエール・キュリーと運命的な出会いを果たした彼女は、結婚してキュリー夫人となる。彼の支援で研究に没頭した彼女は、ラジウムとポロニウムという新しい元素を発見したことから夫婦でノーベル賞を受賞する。科学界を席巻するが、ふたりの幸せは長続きせず、夫は不慮の事故死を遂げてしまう──。

さらに、彼女が発見したラジウムは癌細胞の治療に役立つ一方、核兵器としても利用されるようになり、彼女の苦悩は深まっていくのだった。

2022年10月14日(金)より全国ロードショー

『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』(配給=キノフィルムズ)

監督:マルジャン・サトラピ 脚本:ジャック・ソーン 製作:ティム・ビーヴァン
出演:ロザムンド・パイク、サム・ライリー、アナイリン・バーナード、アニャ・テイラー=ジョイ
2019年|イギリス|英語|110分|カラー|ビスタ|5.1ch|原題:RADIOACTIVE|字幕翻訳:櫻田美樹|G
提供:木下グループ

 

RECENT ENTRIES