ワールドスタンプブック

カードが8枚入った赤い袋 (ワールドスタンプブック 怪獣の世界)

Text & Photo by Yasuhiko Susaki

2016.09.09

 

 

魅惑の赤い袋

カードを集めてウルトラ怪獣図鑑を作る「ワールドスタンプブック 怪獣の世界」では、何はともあれカードを集めなくてはいけません。

そのカードが入っているのが、この「赤い縁取りをされたレッドキングの袋」です。

 

 

8枚入りで50円!

なんとその価格は8枚入りで50円!

 

一枚当たり6.25円!

 

それを一冊分全部で324枚集めるわけですから、単純に計算して、一冊当たり

6.25 X 324=2,025円!

 

ちょっと高めの怪獣図鑑の完成!な訳です。

 

 

袋の裏側にはこう書いてある!

袋の裏側にはこう書いてあります。

===

スタンプを集めて、すばらしい”怪獣の世界”図鑑をつくろう!

  • 専用のアルバム(本)を買いましょう。
  • スタンプを集めて、アルバムにはりましょう。
  • スタンプがだぶったら、友達ととりかえっこしましょう。

===

怪獣の世界 赤い袋 裏 ワールドスタンプブック(講談社)

 

 

ダブる、トリプる…

しかし、そんなに簡単に効率良く全種類が集まるわけがありません(笑)。

ダブる、トリプる…と、要らないものがドンドン増えてくるものです。

 

「さて、どうしましょう…」ということですが、当時住んでいた山形では、交換できる人も少なく、家族にお願いしてはせっせと買ってもらってある程度そろえた記憶があります。

 

 

シングル、ダブル、トリプル、の続きは?

ところで余談ですが、シングル、ダブル、トリプル、までは有名ですが、その続きをご存じでしたか?

 

高校時代に化学の時間に

1→モノ mono

2→ジ di

3→トリ tri

4→テトラ tetra

5→ペンタ penta

6→ヘキサ hexa

7→ヘプタ hepta

8→オクタ octa

9→ノナ nona

10→デカ deca

11→ウンデカ undeca

12→ドデカ dodeca

と習いましたが、「何倍」という表現は、「倍数接頭辞」といい、

 

1倍→シングル single

2倍→ダブル double

3倍→トリプル triple

4倍→クアドラプル quadruple

5倍→クインティプル quintuple

6倍→セクスタプル sextuple

7倍→セプタプル septuple

8倍→オクタプル octuple

9倍→ノナプル nonuple

10倍→ディカプル decuple

11倍→ウンデキャプル undecuple

12倍→ドゥデキャプル duodecuple

となるのだそうです。

 

ピザで「クワトロ」といったら、4種類のチーズで作られたピザや、4分割でいろいろバリエーションが楽しめるピザだったりしますね。

NHK教育テレビの子供番組に「ゆうがたクインテット」なんてありますが、確かに一人の人間(アキラさん)と、五つのキャラクター(アリアさん、シャープくん、スコア氏、チーボー、フラットさん)で校正されておりますもんね。

こんな風に身近なところにも、「倍数接頭辞」があるんですね。

 

 

猫なで声の日々

話はズレてしまいましたが、この赤い袋を買ってもらうために、親族に猫なで声でおねだりするのは、同世代の男の子あるあるでしょう(笑)。

懐かしいですねっ♪

 

この様に、ときどき雑学も混じって、脱線しつつもなんか賢くなっていくサイトでもありたいなと思ったり、思わなかったりしております。

こんな管理者ですが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、次回は、謎の「黄色い縁取りをされたレッドキングの袋」についてお話しをさせていただきます。

 

 

 

カテゴリから絞り込む

RECENT ENTRIES