RECIPE

食欲の衰えがちな梅雨時。こんな時は野菜がたっぷり食べられるサイコロステーキサラダがお奨めです。簡単で美味しく、オイスターソース炒飯、茗荷とオクラのスープを添えると、ボリュームたっぷりの献立になります。

Text by Hiroko Ochi×Photo by Design Studio Paperweight INC

2019.07.15

サイコロステーキサラダ

<材料>2人分
サイコロステーキ肉………200g(室温にもどしておく)
サラダ用の葉物野菜………たっぷり
(ルッコラ、ベビーリーフ、レタス、貝割菜、白葱など)
調味料
 ・しょうゆ………大さじ3
 ・みりん………大さじ2
 ・米酢………大さじ1と1/3
 ・生姜(みじん切り)………小さじ1と1/2
 ・白葱(みじん切り)………小さじ1と1/2
ごま油………大さじ1
塩、こしょう………適宜
サラダ油………小さじ2

<作り方>

  • (1) ルッコラ、ベビーリーフ、レタスは洗って水切りし、食べよい大きさにする。
  • (2) 貝割菜は根元を落して洗い、水切りする。
  • (3) 白葱は白髪葱にする。まず5cm長さに切り、縦に包丁で切り目を入れる。
    葱の中心部を除き、中心部を包んでいた白い部分を、繊維に沿って細切りにする。これを水に晒し、水切りする。
  • (4) サイコロステーキ肉に塩、こしょうする。
  • (5) ボウルにかっこ内の調味料と薬味を入れ、混ぜる。
  • (6) 熱く熱したフライパンにサラダ油を入れ、(4)の肉を焼きつける。
  • (7) 肉の表面に焼き色がついたら、(5)のボウルに移して、20~30分おく。
  • (8) 大皿に(1)(2)(3)のサラダ用野菜を盛り、中央に(7)の肉をのせる。
  • (9) 肉の漬け汁にごま油を加え混ぜ、ドレッシングを作る。
  • (10) (8)のサラダに(9)のドレッシングを添えて、サービスする。

RECIPE COLUMN

サイコロステーキサラダ
ステーキ肉の切れ端利用のサイコロステーキ。焼いた肉の肉汁が混ざって、日常使いの調味料で作るドレッシングをグレードアップ。たくさんの野菜を美味しくいただけます。

 

オイスターソース炒飯

<材料>2人分
ご飯(温かいもの)………1合分
生姜(みじん切リ)………小さじ1
白葱(みじん切リ)………大さじ1と1/2
レタス(一口大にちぎる)………1枚分
塩………小さじ1/2
こしょう………適宜
オイスターソース………大さじ1
酒………大さじ1
サラダ油………大さじ1

<作り方>

  • (1)  中華鍋に分量のサラダ油を熱し、生姜を炒める。
  • (2)  香りが立ったらご飯を加え、炒める。
  • (3)  塩こしょうし、酒を加えて、ご飯をほぐす。
  • (4)  オイスターソースを加え混ぜる。ソースがご飯全体に回ったら、白葱も加え混ぜる。
  • (5)  最後にレタスを加えて、さっと混ぜる。
  • (6)  器に盛る。

RECIPE COLUMN

オイスターソース炒飯
材料の中で、旨みを出すものは、オイスターソースのみ。あとは冷蔵庫にいつもある野菜が少々。それだけで、美味しい一品になります。買い物がおっくうな雨の日に重宝します。

茗荷とオクラの中華スープ

<材料>2人分
茗荷………2個
オクラ………2本
水………2カップ
ガラスープ(顆粒)………小さじ2
生姜(皮や切れ端などを使う)………適宜(無ければ、スライスしたもの2~3枚)
白葱(青い部分で良い)………1/2本分(無ければ、白い部分を10cm)
塩、こしょう………適宜

<作り方>

  • (1) 分量の水とガラスープ、生姜、白葱の青い部分を鍋に入れて、火にかける。
  • (2) 沸いてきたら弱火にし、コトコトと10~15分煮て火を止め、生姜と葱を取り除く。
  • (3) オクラはさっと茹でて冷まし、小口切りにする。
  • (4) 茗荷は小口切りにする。
  • (5) (2)のスープを火にかけ、塩、こしょうで味を調えて、(4)の茗荷を加える。
  • (6) 器によそい、オクラを浮かす。

RECIPE COLUMN

茗荷とオクラの中華スープ
沢山の茗荷が店先に並ぶようになりました。この旬の食材を使って、季節感のある、さっぱりしたスープに仕上げます。

 

料理教室主宰・レシピ考案
越智裕子

大学卒業後、大阪あべの辻調理師学校に入学。卒業後、同校の学術出版部に奉職。
主として製菓、西洋料理の原稿を担当。
退職後、1995年から自宅キッチンにて料理教室を主宰、今に至る。
2000年から数年コープこうべカルチャーセンターにて講師を勤める。神戸在住。

RECENT ENTRIES

レシピ一覧を見る