RECIPE

春たけなわ。青空の下、庭やベランダでの食事はワクワクします。フルーツやエビの入った春らしいサラダにバゲットで、ブランチは如何でしょう。デザートにはクレープを‼

Text by Hiroko Ochi×Photo by Design Studio Paperweight INC

2021.04.11

エビとアボカド、グレープフルーツの春サラダ

<材料>2人分
エビ………中サイズ100g
アボカド………1個
ベビーリーフ………大きくふたつかみ
トレビス………1~2枚
イタリアンパセリ………2~3本
グレープフルーツ………ピンク、ホワイト各1/2個
バゲット………(5mm厚さにスライスしたもの)4枚

ドレッシング
 EXヴァージンオイル………大さじ2
 ワインヴィネガー………小さじ2
 白ワイン………小さじ2
 塩………ひとつまみ
 こしょう………少々
 マスタード………小さじ1/3

ソース
 マヨネーズ………大さじ2
 ケチャップ………小さじ1
 レモン果汁………小さじ1/2
 ウスターソース………小さじ1/4
 タバスコ………少々
 塩………少々
 こしょう………少々

<作り方>

  • (1) バゲットは軽くトーストする。
  • (2) エビは背ワタを除く。鍋にエビとヒタヒタの水を入れ、火にかける。
    沸いてきたら火を止め、そのまま冷ます。冷めたらカラをむき、端から1.5cm幅に切る。
  • (3) サラダ用の野菜は洗って水切りする。トレビスは一口大にちぎり、イタリアンパセリは適度の大きさにちぎる。
  • (4) アボカドは包丁で縦に切り込みを入れてひねって3つに割り、種を除く。次に皮を取り、1/2個は縦に2つに切ってから1cm幅に切る。
    残りの1/2個はフォークの背を使ってつぶす。
  • (5) グレープフルーツは皮をむいて、薄皮もむく。
  • (6) ドレッシングとソースの調味料をそれぞれ混ぜ合わせて、ドレッシングとソースを作る。
  • (7) (2)のエビ、(4)のアボカドとソースを混ぜ合わせる。
  • (8) 皿に(7)を盛り、写真のようにベビーリーフとトレビス、イタリアンパセリを添わせ、グレープフルーツで縁取る。
  • (9) ラディッシュを添える。
  • (10) ドレッシングをベビーリーフに回しかけ、(1)のバゲットを添える。

RECIPE COLUMN

エビとアボカド、グレープフルーツの春サラダ
中サイズ以下のエビは、上記レシピの方法で茹でると身縮みが少なく、ふっくら茹で上がります。余熱で仕上げる調理法を取り入れるのも大切なこと。

カスタードクリームのクレープ

<材料>5~6枚分
クレープ生地
 薄力粉………35g
 砂糖………15g
 塩………ひとつまみ
 卵………1個
 牛乳………125cc
 バター………8g
 溶かしバター………少々

カスタードクリーム
 牛乳………170cc
 卵黄………2個
 砂糖………50g
 薄力粉………20g
 コアントロー………小さじ2

<作り方>

  • A【クレープを焼く】
  • (1) ボウルによくふるった薄力粉を入れ、中央をくぼませて泉状にする。
  • (2) くぼみに砂糖、塩、卵をいれて、ダマができないように混ぜ合わせる。
  • (3) 分量の牛乳のうちの75ccを少量ずつ加え、溶きのばす。
  • (4) フライパンにバターを入れて中火にかける。バターがハシバミ色【画像01】になるまで熱し、残りの牛乳50ccを加え混ぜ【画像02】漉す。
    これを30~60分寝かせる。一晩冷蔵庫で寝かせるのも良い。
  • (5) フライパンを中火弱の火にかけ、溶かしバターを薄くぬる。フライパンをゆっくりとまわしながら、レードルですくった生地を薄くのばす。
  • (6) 生地の表面が乾いたようになり、周囲が薄く色づいたら、スパチュールか菜箸を生地とフライパンの間に入れて、裏返す【画像03】
    焼けたら台に広げて冷ます。
  •  
  • B【カスタードクリームを作る】
  • (1) 牛乳を温め、表面に幕が張らない程度に熱くする。
  • (2) ボウルに卵黄と砂糖を入れ、白っぽいクリーム状になるまでよく混ぜる。
  • (3) 次によくふるった薄力粉を加え混ぜる。
  • (4) (3)に(1)の牛乳を加え混ぜ、漉す【画像04】
  • (5) (4)を鍋に移して中火にかけ、ゴムベラで混ぜながら、プツプツと沸騰してクリーム状になるまで煮る【画像05】
  • (6) (5)をバットに広げ、冷ます。表面が乾かないように、クリームの表面にぴたりとラップをはりつける【画像06】
  • (7) 冷めたらボウルに移し、コアントローを加え混ぜる。
  •  
  • B【仕上げる】
  • (1) 冷めたクレープの中央にクリームを適量のせ【画像07】、たたむ。

RECIPE COLUMN

カスタードクリームのクレープ
A【クレープ】は生地を寝かせる時間が必要です。朝食やブランチ用には、前日に仕込んで、一晩寝かせると良いでしょう。焼くときは生地中のバターが均等にいきわたるよう、毎回レードルで生地をサッと混ぜてからすくいます。フライパンに溶かしバターをひくのは1枚目だけ。生地中にバターが含まれているので、2枚目からは不要。

B【カスタードクリーム】は持ちの良くないクリームなので、必ず沸騰させること。冷ますときは表面が乾かないよう、空気に触れさせないことが肝心‼クレープ、カスタードクリーム共に薄力粉を使いますが、混ぜすぎるとグルテンが出るので、手早く混ぜましょう。

 

料理教室主宰・レシピ考案
越智裕子

大学卒業後、大阪あべの辻調理師学校に入学。卒業後、同校の学術出版部に奉職。
主として製菓、西洋料理の原稿を担当。
退職後、1995年から自宅キッチンにて料理教室を主宰、今に至る。
2000年から数年コープこうべカルチャーセンターにて講師を勤める。神戸在住。

RECENT ENTRIES

レシピ一覧を見る