須崎恭彦の相談室

「受験直前!突然不安に襲われ緊張、勉強に手が付かなくなった→どうする?」

2016.01.10

大学受験を控えていますが、勉強をしていると突然不安になり、何も手につかなくなります。
このままではまずいのではないかと不安な日々を過ごしております。
須崎先生ならこんな時、どう対応されますか?
愛知県 瀬戸直也さま(仮名)

須崎からのアドバイス

意義を明確に持つ。頭の中のイメージを反復させる。

瀬戸さん、こんにちは!
大学受験を控えて今は一月ですから、緊迫した時期かもしれませんよね。
僕もかつて(約30年前)そうだったから、よーくわかります。

ダラダラ3時間?2時間遊んで1時間集中?

で、現実的な話ですが、お気づきの通り
ダラダラ3時間机に座っているのと
2時間遊んで、1時間勉強するのと
では、どちらが効率がいいかというと、
後者です!

ですから、
勉強しながら「これでいいのだろうか?」と不安で頭が真っ白になるくらいなら、
遊んでいて「受験生がこんな時期にこんなに遊んでいていいんだろうか?」と自発的に気付いてヤル気になる方が、時間の使い方としては有効だと思います。

自発的な意欲を土台にして、頻繁に触れた情報は記憶される

新しい情報を「効率よくインプットしよう!」と焦るお気持ちはよくわかりますが、インプットしたことを「確実に定着させること」も重要です。

学習心理学の実験でわかっていることは、
「自発的な意欲を土台にして、頻繁に触れた情報は記憶される」
ということです。

つまり、イヤイヤ取り組んでも記憶されにくいということです。

イヤイヤ取り組んでも記憶されにくい

だったら、3時間ダラダラ机に向かうより、効率の良い「知りたい気持ちが高まった一時間」を作るために、二時間遊んでもいいのではないでしょうか?ぶっちゃけた話、もう試験直前なら、良くも悪くも勝負はほとんど決まっています。
あとは、当日までコンディションを整えつつ、一度やったことは忘れないという気持ちをもって、リラックスして取り組んでください。

ダラダラ過ごす2時間が無いと合格できないレベルでしたら、それは準備不足だったということですから、仕切り直して来年またチャレンジするという選択肢もあります。

そして仮に本番でしくじったら、「あぁ、今年のような基準で取り組んだら、僕が望む結果には繋がらないんだな…」と自覚したらいいぐらいに考えてみるのもいいでしょう。

今回の試験に懸けていらっしゃる場合→行く意義を強力に!

イヤっ!それじゃ困るんだ!
今回の受験で決めたいんだ!
と思われるならば、「なぜ大学に行きたいのか?」を明確にして下さい。その行く意義が明確でないと、「やってもやらなくてもいいこと」になってしまうので、そうなると人はやる気が無くなります。

大切なことは、目の前の勉強に取り組む姿勢をテクニックで変えることではなく、「行きたい!」気持ちを高めて、「それだったら、この程度、理解できなきゃダメじゃん!行きたいから、知りたいなぁ〜。」
と、自分を誘導してみることをオススメします。

きっと、瀬戸さんは今まで頑張ってきたんだと思います。
最後は試験本番で今まで培った実力を発揮できるように、
本を読む→眼を閉じて深呼吸してリラックス→今読んだ内容を思い出す

という学習スタイルで当日まで過ごされるのもよろしいかと思います。

頭の中でイメージを動かせるなら、それは理解していることになります。
理解していたら解説(解答)できるはずです。
ぜひ、最後まで諦めず、しかしプレッシャーで押しつぶされることなく、試験本番まで準備をしつつお過ごしください。

いつもメルマガを読んでくれて、ありがとうございます。
心より応援しております!
が、僕も一浪させてもらった身なので、結果は甘んじて受ける覚悟でいきましょう!

 

RECENT ENTRIES

相談室一覧を見る