須崎恭彦の相談室

働く楽しさ・意義・目標などを見つけ「自分探しの旅」を終えるには?

2019.07.14

━【読者からのご質問】━
未だに自分さがし

私は30代独身男性です。彼女もいない独り身です。そして僕は未だに自分さがしをしています。僕の経歴はこちらです。●25歳で初就職 ●就職1年で転職 ●半年後再就職先も1年で転職 ●その後1年バイト生活 ●現在の職場で1年半就職中。

どの仕事も好きになれず、大体1年で仕事を辞めてしまします。人生の意義や働く意義を未だに見つけ出せていません。今の仕事と今までの仕事は体力仕事か流れてくる備品のチェックとかで、世間一般的なサラリーマンのようにデスクワークで僕にできることは少ないし好きでもないのです。自分には「何ができるか?何がしたいか?」この先の目標も見つけ出せていません。

働く楽しさ・意義・目標などを見つけ、自分さがしを完了させるためには、どんな方法がありますか?僕は本当にダメな奴です。こんな質問すみません。アドバイスをもらえると嬉しいです。

30代 男性 会社員 中部地方 大介さま

須崎からのアドバイス

ダメじゃないけど、もう少し粘ってみませんか?

大介さま、ご質問をありがとうございます。いただいたご質問ですが、同じ様なご相談をよく受けます。そして、全員に感じるのが、「早々に結論出してしまって、もったいないなぁ…」ということです。

自分に合うものを探すのではなく合わせてみる

服なんかそうですが、お店で売られているものがピッタリ合うならそれでもいいのですが、私のように、身長160センチ、胸囲113センチなんていう体型だと、身長に合わせれば胸が入らないし、胸に合わせれば丈と袖先がだらーんと長いし…。(笑)

こうなると、選択肢は三つ!
ゆったりめのブランドを探して、その服だけを着る
フルオーダーメイドの服を作って着る
市販の服が入るように痩せる!(笑)
です。

つまり、
合うものを何とか探す
自分にピッタリ合うものを作る
世の中に合わせる
です。

これは、仕事でも同じではないかと思います。

自分にピッタリ合うものなんて無い!(あるかもしれないけど)

私は、自分の服で実感しているのですが、ちまたに「自分にピッタリ合う服」があるという幻想は捨て去って、自分の体型でも着られる服を買い、
===
袖丈を詰める
===
ことにしています。ですから、自分にピッタリ合うものなんて最初から探していないのです。

合格点のものを探し出し、それを自分に合うように加工するという生き方をしています。こんな前置きから、大介さんの人生に、先輩としてアドバイスすると、こんなふうになるかと思います。

適職を探し続ける

これは、今まで通りのことを続けるという意味です。でも、それは嫌だから、ご質問いただいたんですよね?
ということで、割愛させていただきます(笑)。

私達は全員、今得ている結果を得ることに成功しています。ということは、今までの考え方、やり方を続けていたら、今まで通りの結果を得ることに成功し続けることになります。それがイヤなら、考え方とやり方を変える必要があります

何がイヤ?どういう条件だったらガマン出来た?

ちょっとここで過去を振り返っていただきたいのですが、
===
何がイヤで退職したか?
===
のリストを作っていただきたいのです。

・仕事がキツイ
・この作業をやる意味がわからない
・つまらない

何でも結構ですが、それぞれの職場で感じたことをリストアップしてみてください。

どういう条件だったらガマン出来た?

次に、それがどうなったらいいのかを考えてみてください。

例えば、
===
・仕事がキツイ→朝から晩まで身体を使う仕事では無い仕事がいい。ただ、●●の条件があるならキツくてもがまんできる
===

こんな感じで、
===
●●の条件があるならがまんできる
===
というものを考えていただきたいのです。

過去にのめり込んだことは?

その次に
===
過去に自分が(強いていうなら)のめり込んだこと(趣味等)
===
をリストアップしてみてください。

そして
===
なぜそれにのめり込んだのか?
===
もリストアップしてみてください。

===
・プラモデル製作→独りの世界にはまるのが好き、完成度を高めるとワクワクする(自己満足)…
===
こうやって文字化すると、自分が好きなこと・得意なこと、嫌いなこと・苦手なことを明確にできるんですよね。これは、自分の傾向として知っていた方がいいですよ。


ちなみに、私と妻は正反対のことが好きで、
===
私→単調な仕事が苦手→妻は好きで得意
妻→人前で喋るのが苦手→私は好きで得意

===
これは、今までいろいろやって来たから出てきた結論です。もちろん、お互いに苦手を克服する選択肢もあるのですが、それぞれが自分の得意ジャンルが明確なので、そこで強みを発揮することにしています。それと、もう一つ大事なことがあります。

得意になるまで粘り強く取り組んでみる

さまよっている方の特徴の一つに「諦めが早い」があります。大抵ご本人は否定されますが、自分の持ち場を見つけた人間からみると、諦めが早いと感じるのです。ちなみに私は、新しく何かを始めようとするとき、すぐにできる様になろうとしていません。
===
じっくり基礎を身に付け、実力は自ずとついてくる。
===
と考えるタイプです。

で、仮に辞めるときに
===
君にだけは辞められたら困る…
===
と言われるぐらいの実力をつけるまで、トコトン追求すると思います。

自分探しに最高の薬とは?

実は、自分探しに一番いいのは、
===
合うものを探してさまようことではなく、目の前のことにトコトン取り組んでみる
===
なのです。

そうすることで、
自分に合うこと
自分に合わないこと
明確になります

そして、トコトンやってみると、最初合わないと思っていたけれど、やり続けてみたら「あれっ?これ、合うんじゃない?」と変化することだって出てきます。

ですから、大介さまにアドバイスしたいのは、
===
もうすこし粘ってみませんか?
===
ということです。

今日テニスを生まれて初めてやった人が、達人とラリーができる様になるまではそれなりの時間がかかります。何の基礎体力も、基本的な動作の習得も、予備知識も無いままいきなりやって、達人とゲームを楽しめるわけがありません。いろんなパーツが揃ってはじめてできるものです。
それと同じで、何事も、「やってみたレベル」から「マスターしたレベル」に到達するのは時間がかかります。

しかし、諦めの早い方の特徴は
===
結果を急ぎすぎる!
===
傾向があると感じています。

ですから、大介さまも、
===
「この要素があったら絶対にダメ!」を明確にし
がまんできることはがまんしてみよう!
===
という方針はいかがでしょうか?

須崎から大介さまへのアドバイス

以上を踏まえますと、
===
自分には「何ができるか?何がしたいか?」この先の目標も見つけ出せていません。
===
今まで途中で諦めてきたことを、もう少し粘り強くやってみてはいかがでしょうか?そうすることで、この答えは出るはずです。

===
働く楽しさ・意義・目標などを見つけ、自分さがしを完了させるためには、どんな方法がありますか?
===
自分探しは完了しません。私も、ひょっとしたら…と思うことはまだまだございます。それは終わらない旅だと理解しつつ、目の前にあることを完成度高く取り組んでみてください。そうするとあるとき、「これだっ!」と思うことが出てきます。

私もそうでした。そして、いろいろやった結果、最終的にはいろんなことができるようになっていました。その時々は大介さまと同じ様に、不安でしたが…。
===
僕は本当にダメな奴です。
===
ダメじゃないですよ。ご存じなかっただけです。周りに適切なタイミングでアドバイスを下さる方を見つけたら、その方に相談するのもいいかもしれませんね。私よりも大介さまのことをよく理解している方がいらっしゃるでしょうから。

これからは、今までの考え方や行動「ではなく」、違う視点、選択肢(簡単に結論づけたり、諦めないなど)で今までとは違う人生を歩んでみてください

===
こんな質問すみません。アドバイスをもらえると嬉しいです。
===
大丈夫です♪応援してますよ!

ということで、大介さまの人生がより輝くことを来しつつ、アドバイスを終わらせていただきますが、必要な情報は盛り込まれておりましたでしょうか?
このアドバイスが何らかのヒントやきっかけとなり、大介さまにとってより充実・納得できる人生になることを願っております!共に頑張りましょう!
応援しております。頑張ってください♪

RECENT ENTRIES

相談室一覧を見る