須崎恭彦の相談室

女性の一人暮らしで幽霊・お化けが怖い…どうしたらいいですか?

2019.11.13

━【読者からのご質問】━
一人暮らしの夜中の恐怖

今年から大学から近いアパートで一人暮らしをすることになりました。私は幽霊系に弱くて怖くて、一人でいると夜の物音とか怖くなり、毎日テレビをつけたまま寝ています。実家にいたときは気が付きませんでしたが、多分一人になった寂しさを紛らわせる意味もあります。電気代がもったいなく思って、一人暮らしの寂しさと夜の幽霊への恐怖心の克服をしたいです。何かいい方法がありましたら、アドバイスをお願いいたします。

20代 女性 学生 東京 山田ふうかさま

須崎からのアドバイス

「おもてなしできませんので、他を当たってください」

山田さま、ご質問をありがとうございます。そして、毎朝「1分間集中力メルマガ」をお読みくださり、重ねてありがとうございます!
さて、いただいたご質問ですが、実は、私もそうなのです…。

お化け屋敷に入るのを拒否してフラれた経験が二回!

学生時代に当時付き合っていた子と遊園地に行ったとき、

===
彼女「ねぇ、お化け屋敷行こうっ♪」
須崎「やだ」

彼女「ねぇ、入ろうようっ♪」
須崎「絶対にヤダ」

彼女「まぁ、そう言わずに(手を引っ張って入ろうとする)」
須崎「本当にヤダ!(腰を引かして引っ張られるのに抵抗する)」
===

という事態になり、「意気地無し!」的な理由でフラれた経験が二回ございます(笑)。

ですから、ふうかさんのお気持ち、よくわかります!

そこで、私の「そういう系に詳しい方」から教わって、実践してからそれ以来恐くなくなった方法をご紹介いたしますね。

幽霊は理解してもらえる人の所にやって来る

その方曰く、
===
幽霊は理解してもらえる人の所にやって来る
===
そうです。


だから、
===
おもてなしできませんので、他を当たってください
===
と言って、「拒絶の意志」を示すのがいいのだそうです。

ですから、私はこれ一筋20年以上ですが、気になって眠れない夜はありません!

暗くしても大丈夫です♪

認めたものが目に止まり、見つめたものが拡大する

意識の原理原則に
===
認めたものが目に止まり、見つめたものが拡大する
===
というものがあります。

ということは、
===
気にすると、そこに意識が向く
===
ということです。

だとしたら、気持ちが他に向けばいいんですよね。
そこで提案!

今日のよかったこと、明日の楽しみなことを妄想

私がお伝えしているシルバメソッドでは、
===
リラックス(アルファ状態)してイメージすると、潜在意識に強くインストールされる
===
ということを、トレーニング形式で習得していただいております。

そう!
===
(リラックスしている)
思い浮かべる(イメージする)
ことは、潜在意識に強力に記憶されるのです!
===

ということは、
夜、幽霊のことを考えた方がいいでしょうか?
それとも、楽しいことを考えた方がいいでしょうか?

私なら、楽しいこと・希望を持てること・夢・目標・願望なんかを考えると思います。

そこで、
===
今日のよかったこと、うれしかったこと、たのしかったこと
明日の楽しみなこと
こんなふうになりたいなという願望や目標
===
を考える事に、気持ちを向けてはいかがでしょうか?

脳は考えたことを現実に反映させる臓器です!眠る前に不安や心配を考えるより建設的な気持ちになることを考えた方がいいです。
ぜひ、習慣化してみて下さい。

ということで、山田さまの人生がより輝くことを来しつつ、アドバイスを終わらせていただきますが、必要な情報は盛り込まれておりましたでしょうか?このアドバイスが何らかのヒントやきっかけとなり、山田さまにとってより充実・納得できる人生になることを願っております!
共に頑張りましょう!応援しております。頑張ってください♪

 

RECENT ENTRIES

相談室一覧を見る